キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

《国家資格第11回》学科試験 過去問解説〔問題41~50〕

TADAJUKU
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TADAJUKU
TADAJUKU

問題41 難易度:易

×

【一言】

基本姿勢に沿って解答すれば難しくはありません。木村先生の書籍でも確認できます。

【解説】

1)設問のとおり。何のために、何を、どのようにしての共有は必要ですね。(木村先生著P229-4、P233-5) 2)設問のとおり。自己イメージは他人に観察・評価してもらうのもよい。(木村先生著P230-4、P234-5) 3)できるだけその価値観を満たすことのできる職業を選択した方がよいとし、「価値を認められないことを永く続けることはできない。」としている。経済的状況に焦点をあてることが優先は誤り。(木村先生著P232-4、P236-5) 4)設問のとおり。過去に影響を受けた人や出来事を職業や仕事の面から分析し、それによって自己理解を深めることができる。(木村先生著P236-4、P238-5)

問題42 難易度:易

×

【一言】

システマティック・アプローチの学習方策は頻発です。基本姿勢から正答しましょう。すべて木村先生の書籍で確認できます。(木村先生著P297-4、P291-5)

【解説】

1)意思決定は「1つに絞り込まずに」ではなく、「適切な方策を1つ選ぶ」。 2)方策の内容、目的、原理、プロセス、結果、結果から得られる利点と損失などをクライエントに説明する。 3)方策がクライエントの欲求、価値観、置かれた状況に反する時はそれらに合うように変更する。 4)具体的な行動をすることを文書にした「契約書」を取り交わすことが必要になることもある。

【類似過去問】第1回問43、第2回問43・44、第3回問44・45、第4回問46、第6回問44、第10回問28

問題43 難易度:易

× × ×

【一言】

こちらも基本姿勢から解答は容易な設問です。木村先生の書籍でも確認できます。

【解説】

1)クライエントとカウンセラーが目標に照らしてどこまで達成したか成果を評価する。(木村先生著P308-4、P302-5) 2)クライエントの同意を得て終了する。(木村先生著P308-4、P302-5) 3)一定の期間、一定の方法でクライエントをフォローアップする。(木村先生著P310-4、P304-5) 4)カウンセラーはこのケースにおける自分自身の成果をできるだけ客観的に評価すること。(木村先生著P310-4、P304-5)

【類似過去問】第1回問41、第2回問46、第3回問46、第6回問45、第9回問43、第10回問43

問題44 難易度:易

×

【一言】

キャリアコンサルタントのかかわり方の基本です。解答しやすいのでしっかり正答しましょう。

【解説】

1)自己理解の第一歩は、現在の自分を描いてみることである。(木村先生著P229-4、P233-5) 2)「自己分析そのものが目的ではない」など、問題の無い文章ですね。 3)「すぐに添削する」は不適切。自己PRは相談者自身が作成できるよう支援する。  4)キャリアコンサルタントとの対話でクライエント自身が考えや言動などを省みることもできる。

問題45 難易度:易

× × ×

【一言】

職業情報に関する設問。解答は導きやすかったですね。

【解説】

1)ハローワークインターネットサービスでは「動画」の情報提供は行っていない。(【過去類似問題】第2回問41) 2)OHBYカードは「職業ハンドブックOHBY」を48枚の必要最小限のカードにまとめたもの。(OHBYカード) (【類似過去問】第3回問41、第5回問46、第6回問42、第7回問41、第9回問41) 3)キャリア・インサイト(総合版)で職業情報の検索を行うことはできる。(キャリア・インサイト) (【類似過去問】第3回問39、第5回問42、第9回問41・44) 4)厚生労働省編職業分類は毎年度改定は行われていない。現在は平成23年改定の4回目の改定版。(厚生労働省編職業分類(平成23年改定))

問題46 難易度:易

×

【一言】

職業能力評価基準ポータルサイト」を見たことがない人は1度チェックしましょう。(職業能力評価基準ポータルページ) 「職業能力評価基準」は職業能力を客観的に評価する仕組みのことです。こちらは厚生労働省HPでも確認できます。(職業能力評価基準)

【解説】

1)企業で実際に求められる実践的な職業能力を具体的に示すことで、職業能力を客観的に評価できる。(職業能力評価シート  職業能力評価基準ポータルページ) 2)キャリアマップは業種別にキャリアの道筋を示したもの。(キャリアマップ  職業能力評価基準ポータルページ) 3)カスタマイズの許可は不要。各企業の活用目的に応じてカスタマイズすることが可能である。(職業能力評価基準とは   職業能力評価基準ポータルページ) 4)評価シートのモデルとなる「モデル評価シート」は、現在業種横断的な事務系職種の他、業種別にホテル業、スーパーマーケット業など25業種がある。(モデル評価シート  職業能力評価基準ポータルページ)

【類似過去問】第2回問15、第7回問40、第8回問18

問題47 難易度:易

× × ×

【一言】

スーパービジョン、今回の内容であれば容易に解答できますね。正答を積み重ねましょう。

【解説】

1)スーパービジョンは資格更新の要件ではない。 2)キャリアコンサルタント自身のスキル向上のみだけでなくスーパーバイザーのスキル向上にもつながる。 3)スーパーバイザーは固定ではなく、変更可能である。 4)スーパーバイザーとの関係性から、自身や相談者との関係性について気づきを持つこともでき理解が深まる。

【類似過去問】第3回問48

問題48 難易度:易

A B C D
× ×

【一言】

基本の考え方で積極的にアプローチしましょう。限定ワード「どのような場合でも」「一切」に留意して。正答は2。

【解説】

A)「自己の経験や自説を中心に」は誤り。 B)「一切関わらないという態度」は誤り。メンタルヘルスの場合であれば医師などにリファーすることも検討する。 C)自身のキャリア形成にも真剣に取り組むことは大切。 D)倫理綱領第6条(誇示、誹謗・中傷の禁止)にあるように自己の身分や業績を過大に誇示してはならない。

問題49 難易度:易

× × ×

【一言】

消去法でアプローチする場合は迷ってしまうかもしれません。ストレッサーの言葉を知っていれば正答は容易かったですね。2以外は「こころの耳 ストレスとは」で確認できます。

【解説】

1)ストレス反応は、心理面、身体面、行動面の3つ。 2)ライフイベントとストレスの強さについて、結婚を50とした場合、離婚は73。(ライフイベント法とストレス度測定法) 3)こころや体にかかる外部からの刺激をストレッサーという。 4)ストレッサーへの対処能力や受け止め方には個人差がある。ストレッサーを解決したり、悪影響(ストレス反応)を緩和するための工夫をすることをストレス対処(コーピング)という。

問題50 難易度:中

×

【一言】

初めての資料から。精神障害による請求件数の最も多い職種が「管理的職業従事者」に違和感が持てるかが勝負でした。

【解説】

1)本資料では平成25年~平成29年の確認ができ、この期間は増加し続けている。2が×肢がなので、消去法から平成24年度以降増加し続けていると判断しました。(精神障害の労災補償状況P13) 2)職種別(大分類)の請求件数は「専門的・技術的職業従事者」429件、「事務従事者」329件、「販売従事者」225件の順に多い。(厚生労働省HP) 3)年齢別では、請求件数は「40~49歳」522件、「30~39歳」446件と続く。(厚生労働省HP) 4)出来事別の支給決定件数は、「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」88件、「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」64件の順に多い。(厚生労働省HP)

問題41~50ネットで確認できる参考資料

キャリアコンサルタント倫理綱領(資料CHECK優先度:高/ボリューム少)

職業能力評価基準ポータルページ

ハローワークインターネットサービス

こころの耳

⇒⇒第11回解説目次ページはこちら

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
TADAJUKU
TADAJUKU

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です