キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

《国家資格第12回》学科試験 過去問解説〔問題31~40〕

 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あき子
藤原あき子
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

問題31 難易度:易 *カウンセリングの技能・知識

×

【一言】

ロジャーズの来談者中心カウンセリング、カウンセラーの基本的態度や考え方は落とせない設問です。積極的に4を×肢と選びましょう。第5回問29と4肢とも全く同じ内容でした。

【解説】

1)カウンセラーは、クライエントに対して無条件の肯定的関心をもつ(受容的態度)。設問のとおり(木村先生著P43-4、P43-5) 2)カウンセラーはクライエントとの関係において、心理的に安定しており、ありのままの自分を受容している。設問のとおり(自己一致又は誠実な態度)(木村先生著P43-4、P43-5)。 3)カウンセラーは、クライエントの内的世界を共感的に理解し、それを相手に伝える。設問のとおり(共感的理解)(木村先生著P43-4、P43-5)。 4)クライエントの行動を対象とし、不適応行動を改善(除去)あるいは軽減するのは行動的アプローチである(木村先生著P48、50-4、P48、50-5)。
【類似過去問】第1回問25、第2回問25、第5回問29、第6回問28、第8回問28

問題32 難易度:易 *カウンセリングの技能・知識

×

【一言】

クライエント中心療法について。一見難しく感じるかもしれませんが、カウンセラーの基本的態度や「非指示的」を思い出すと3が×肢と気がつきますね。

【解説】

1)「実現傾向」は、個人を維持し、強化する方向に全能力を発展させようとする個人に内在する傾向のことである。設問のとおり。 2)カウンセラーがクライエントの感情に注意を払い、その要素に応答するとクライエントは深く理解されていると感じて満足する。ロジャーズのカウンセラーの基本的態度の共感的理解である(木村先生著P43-4、P43-5)。設問のとおり。 3)クライエント中心療法では非指示的リードの技法が使われる。カウンセラーが正しい方向へ導くようにする、は誤り(木村先生著P43-4、P43-5)。 4)人が最高に実現された状態を「十分に機能する人間」とよび、セラピーの目標とした。設問のとおり。

問題33 難易度:易 *カウンセリングの技能・知識

×

【一言】

アイビーのマイクロカウンセリングの技法は押さえておきたい論点です。消去法でもよいのでしっかりと正答をとりましょう。

【解説】

1)はげまし技法は勇気づけることではなく、カウンセラーのうなづきや相槌でクライエントが話すのを促すこと。 2)いいかえ技法は、オウム返しではなくカウンセラーの言葉を加えてクライエントにフィードバックする。設問のとおり。 3)要約技法は、繰り返されるポイントの言葉の明確化、面接で起きていることの考えについて整理統合する際にも用いられる。設問のとおり。4)感情の反映技法は、クライエントが表現した感情をクライエントが納得する姿勢と言葉でいい換えること。設問のとおり。
【類似過去問】第1回問30、第6回問31、第8回問40、第10回問29

問題34 難易度:易 *カウンセリングの技能・知識

× × ×

【一言】

システマティック・アプローチは正答の取りやすい論点です。落とさないように。因みに第8回問39と4肢とも同じ内容でした。

【解説】

1)カウンセリングの流れとして、まず第1にカウンセラーとクライエントの共同作業による「目標」設定がある。クライエントの希望を聴いてキャリアコンサルタントが目標を設定する、は誤り。(木村先生著P292-4、P286-5)。 2)目標に向かって、クライエントが自らコミットする確認が得られなければ、一般的にカウンセリングは進展しない(木村先生著P292-4、P286-5)。設問のとおり。3)最終目標は固定的なものではなく、変更可能である(木村先生著P294-4、P288-5)。達成が困難な状態になっても安易に変更してはならない、は誤り。 4)目標を達成するために、カウンセラーとクライエントが「契約書(同意書)」を取り交わす。契約書は必ず必要なのではなくはっきりしない、意思が弱い、努力を続けるのが困難な人など必要な場合に行えばよい(木村先生著P295-4、P289-5)。契約を結ばなければならない、は誤り。
【類似過去問】第2回問26、第3回問26、第6回問44、第7回問42、第8回問39、第10回問42

問題35 難易度:易 *カウンセリングの技能・知識

×

【一言】

支援の基本姿勢に沿って判断すれば容易に解答できますね。落とさないようにしましょう。

【解説】

1)クライエントの伝えたいことをしっかりと聴き、受け止めること。設問のとおり。2)適切な質問をしたり、クライエントの言葉をいい換えたり要約すること。設問のとおり。3)話しの内容だけでなく、喜怒哀楽の感情も受け止めること。設問のとおり。 4)キャリアコンサルタントの価値判断に基づき、評価することは適切ではない。
【類似過去問】第8回問31、第9回問28、第11回問32

問題36 難易度:易 *学校教育制度及びキャリア教育の知識

× × ×

【一言】

今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」の「基礎的・汎用的能力」については、今までに何回か出題されています。設問をよく読んで判断しましょう。

【解説】

1)基礎的・汎用的能力に「他者管理能力」は含まれていない。4つの「基礎的・汎用的能力」は「人間関係形成・社会形成能力」、「自己理解・自己管理能力」、「課題対応能力」、「キャリアプランニング能力」である(P16)。 2)各能力には特に順序があるわけではなく、また、これらの能力をすべての者が同じ程度あるいは均一に身に付けることを求めるものではない(P25)。これらの能力をすべての者が同じ程度あるいは均一に身に付けることを求める、は誤り。 3)多様な他者の考え方や立場を理解し、相手の意見を聴き自分の考えを正確に伝えることが求められる。設問のとおり(P25)。 4)「キャリアプランニング能力」とは、「働くこと」の意義を理解し、自らが果たすべき様々な立場や役割との関連をふまえて「働くこと」を位置づけ、多様な生き方に関する様々な情報を取捨選択・活用しながら、自ら主体的に判断してキャリアを形成していく力である。「昇進すること」の意義ではなく「働くこと」の意義を理解する、である(P26)。
【類似過去問】第1回問34、第2回問35、第5回問36、第7回問16

問題37 難易度:中 *学校教育制度及びキャリア教育の知識

×

【一言】

「大学生のための「キャリア教育プログラム集」は、ほぼ初見ですね。難易度は高くなるので消去法でなんとか攻めてみましょう。

【解説】

1)大学でキャリア教育を行う指導者用のモデルプログラム集である(P2)。設問のとおり。2)プログラム集の構成(ラインアップ)は、知識・理解を深めてもらいたい分野別から、「自己理解」「職業理解」「その他(労働市場、労働法、ワークルールほか)」の大きく3つのジャンルに分類されている(P3)。設問のとおり。 3)正課の授業として取り入れるだけでなく、キャリアセンター等が行う講座と関連づけて実施できるようにする(P6)。正課の授業に取り入れることは想定されておらず、は誤り。 4)アクティブラーニングの学習方法を取り入れ、キャリア教育で求められる基礎的・汎用的能力の向上を図る(P6)。設問のとおり。
【類似過去問】第4回問37

問題38 難易度:易 *方策実行の支援

×

【一言】

方策の実行は正答が取りやすい設問です。本設問は支援の基本姿勢に沿って考えると積極的に4を×肢と選べるはずです。

【解説】

1)方策の実行はカウンセリングの目標を達成するための行動計画のことであり、最終目的とそれを構成する必要なターゲットを見つけ、それに達するステップと行動を実行することである。設問のとおり(木村先生著P296-4、P290-5)。 2)方策の実行のためには、ステップを踏んで具体的なことを実行しなければならない(木村先生著P297-4、P291-5)。無理のない現実的な計画を相談者と確認しながら作成する。設問のとおり。 3)方策の内容、実行の仕方、置かれた条件や環境などがクライエントによって異なるため、多様な対応がより多く求められる(木村先生著P296-4、P290-5)。設問のとおり。 4)情報提供の原則は、カウンセラーが情報そのものを提供するよりも、クライエントが情報を得る方法を教えることである(木村先生著P299-4、P293-5)。キャリアコンサルタントが収集した情報そのものを提供することが最適、は誤り。
【過去問類似】第1回問43、第2回問43・44、第3回問44・45、第4回問46、第6回問44、第10回問28、第11回問42

問題39 難易度:易 *相談場面の設定

× × ×

【一言】

相談場面での信頼関係構築について。正答が取りやすい論点です。落とさず押さえましょう。

【解説】

1)ラポールづくりにおいて、多くの時間を割いてキャリアコンサルタントの熱意を伝えることが適切とはいえない。 2)ラポールは初回面談で形成されれば自動的に維持されるとは限らないため、2回目以降も信頼関係について重要視することが望ましい。 3)カウンセリングの開始においては、温かい雰囲気の中で、クライエントが安心して話のできる信頼関係を樹立する(木村先生著P291-4、P285-5)。設問のとおり。 4)初回面談で、クライエントが毅然と振る舞い、冷静で客観的であるよう努めることで信頼を得られるとは限らない。相談場面づくりは、選択肢3のように温かく、安心感を持ってもらえる雰囲気を心掛けることが望ましい。(木村先生著P291-4、P285-5)。
【類似過去問】第1回問42、第3回問36、第5回問38、第8回問38、第10回問38

問題40 難易度:易 *意思決定の支援

× × ×

【一言】

目標設定に関する設問は比較的正答が取りやすいですね。積極的に2を〇肢と選びましょう。

【解説】

1)目標設定は、キャリアコンサルタントとクライエントの共同作業で行う(木村先生著P292-4、P286-5)。キャリアコンサルタントが主導的に目標設定を行い、積極的な問題解決を図る、は誤り。2)相談者の設定した目標達成に貢献できない、このクライエントを援助するカウンセラーとして最適ではないと判断した場合は、相談者の合意のもと他のより適切な機関や個人にリファーすることも検討する。(木村先生著P297-4、P291-5)。設問のとおり。 3)達成状況はキャリアコンサルタントとクライエントが共同して目標に向かってどこまで進んだか、進み具合をチェックする。(木村先生著P294-4、P288-5)。 4)契約書は必ず必要なのではなく、はっきりしない、意思が弱い、努力を続けるのが困難な人など必要な場合に行えばよい。目標設定の合意について、【必ず】書面で契約を結ばなければならない、は誤り(問34選択肢4と類似)(木村先生著P295-4、P289-5)。
【類似過去問】第1回問45、第2回問42、第3回問43、第4回問45、第5回問43、第7回問42、第8回問35・39、第9回問39

問題31~40ネットで確認できる参考資料

 今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)(資料CHECK優先度:中/ボリューム多)

大学生のための「キャリア教育プログラム集」(資料CHECK優先度:低/ボリューム多)

>>問題41~50へ

⇒⇒第12回解説目次ページはこちら

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あき子
藤原あき子
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です