キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

《国家資格第14回》学科試験 過去問解説〔問題1~10〕

 
この記事を書いている人 - WRITER -
(株)TADAJUKU
(株)TADAJUKU代表。キャリアコンサルタント&心理カウンセラー。キャリコン試験対策全般、スーパービジョン、起業支援。著書4冊。奈良県出身、大阪府在住【好き】ブログ、読書、猫、散歩、カフェなど^^

問題1 難易度:中

1つめ 2つめ 3つめ 4つめ
「第10次職業能力開発基本計画」からの出題。基本計画は平成28年度からの5カ年となり、平成32年度(令和2年度)が最終。TADAJUKUオリジナルTEXT「Shinzou!」でズバリ掲載。個数問題で確信は持てないかもしれませんが、感覚的に正解できる問題。正解は4。

生産性向上に向けた人材育成の強化、企業における人材育成投資の促進、IT人材育成の強化・加速化、セルフキャリアドッグの導入でキャリアコンサルティングの機会確保を促進などを目標とする。これ以外にも、女性・若者・障害者・中高年などの個々の特性やニーズに応じた職業能力底上げの推進、技能の振興などもある。
【類似過去問】第8回問2、第10回問17

問題2 難易度:易

×
キャリアコンサルタントの能力要件の見直し概要」から第12回、第13回、第14回と3回連続出題。落とせない問題。

1)設問のとおり。職業生涯の長期化、仕事と治療、子育て・介護と仕事の両立等の課題に対する支援に関する知識・技能を拡充、強化する。
2)設問のとおり。リカレント教育等による個人の生涯にわたる主体的な学び直しの促進に関する知識・技能を拡充、強化する。
3)キャリアコンサルタントが担う役割として、企業内での目標管理制度の整備と管理者支援の役割発揮は示されていない。よって誤り。
4)設問のとおり。平成30年7月の職業能力開発促進法施行規則等の改正によって、職業能力開発推進者を「キャリアコンサルタント等の職業能力開発推進者の業務を担当するための必要な能力を有する者」から選任するものと規定された。第13回問18-2とほぼ同じ。
【類似過去問】第12回問3、第13回問1

問題3 難易度:易

× × ×
キャリアコンサルタントとして絶対に落とせない問題。ほぼ第11回問3と同じである。

1)キャリアコンサルティングは、個人の職業生活上の課題だけを扱うだけでなく、家族、コミュニティーなど個人を取り巻く環境も取り扱う。よって誤り。
2)キャリア形成やキャリアコンサルティングに関する教育・普及活動も含まれる。よって誤り。
3)設問のとおり。キャリアコンサルティングは、個人と組織の共生関係をつくる上で重要。
4)キャリアコンサルティングは、組織や環境への働きかけもある。個人に対する相談支援だけではない。よって誤り。

問題4 難易度:易

× × ×
キャリアコンサルタントの職業倫理からの出題。第9回問5とほぼ同じ。あと第5回問5でも同じ趣旨から出題されている。キャリアコンサルタントとしての対応、行動が正しいか誤っているか必ず判断できること。「キャリアコンサルタント倫理綱領」は必須。

1)必要な情報は「事前」に説明をしたうえで相談者の理解を得る。よって誤り。
2)相談者に許可を得ず、黙って人事部に報告してはいけない。よって誤り。
3)設問のとおり。能力をこえている内容の場合は、専門家へのリファー(紹介)が必要。
4)キャリアコンサルタントの価値判断でアドバイスすることはしてはいけない。よって誤り。
【類似過去問】第2回問5、第5回問4・5、第6回問2、第7回問4、第9回問5、第10回問5、第11回問5、第12回問5

問題5 難易度:易

× × ×
「キャリアコンサルタント登録者の活動状況等に関する調査」から第13回問5に引き続き出題。選択肢2を積極的に〇肢と判断したい。

1)現在の主な活動の場で最も多かったのも「企業」(34.2%)であり、以下、「需給調整機関(派遣、ハローワーク、転職・再就職支援)」(20.2%)、「学校・教育機関(キャリア教育、キャリアセンター)」(17.2%)と続く。よって誤り。
2)設問のとおり。最も難しいと感じた相談は「発達障害に関すること」である。次いで「メンタルヘルスに関すること」が続く。
3)維持・向上のために行っていることは、「相談実務の経験を積む」と「キャリアコンサルティングに関する研修会・勉強会等への参加または実施」が多い。「スーパーバイザーによる助言・指導を受ける」は少ない。よって誤り。
4)課題として、「キャリアコンサルタント、キャリコンサルティングというものが知られていない」が最も多い。次いで「キャリアコンサルタントとしての自分自身の力量が十分でない」、「相談・支援を行う環境(場所)が整っていない」と続く。よって誤り。

問題6 難易度:中

× × ×
バンデューラのモデリング理論から出題。モデリング理論は、第7回問43、第9回問33で出題されている。動機づけからスタートするのはすぐにオカシイと判断できるので、選択肢3と4は確実に×肢と判断できる。

大雑把に解説すると、モデリングの過程は、①注意して観察する(注意過程)②イメージや言語で記憶にとどめる(保持過程)③実際の行動に移す(運動再生過程)④習得した行動を遂行して動機づけする(動機づけ過程)。よって正解は2。

問題7 難易度:易

×
ハンセンの統合的人生設計の基本を問う問題。「統合的」という名称からしても、選択肢2は感覚的に×肢と判断できる。

★ハンセンが考える、キャリアプランを考える時の6つの重要な課題
① グローバルな状況を変化させるためになすべき仕事を探す(広い視野の仕事選択)
② 人生を意味ある全体像の中に織り込む(人生のパッチワークを創造する)
③ 家庭と仕事の間を結ぶ(男女が助け合う)
④ 多元性と包括性を大切にする(人種、言語、宗教など多様性を認め合う)
⑤ 個人の転機と組織の変革に共に対処する(自律的に自分のキャリアを選択する)
⑥ 精神性、人生の目的、意味を探求する(1人ひとりが自己の存在を認識する、仕事に精神的な意味を見出す)
よって、選択肢2が不適切。
【類似過去問】第2回問28-2、第5回問6、第4回問6-4、第5回問10、第11回問9

問題8 難易度:易

× × ×
パーソンズといえば「職業選択理論」「特性因子理論(マッチング理論)」が有名。大問で問われるのは第7回問6以来。パーソンズの出題は第7回に集中している。

1)「個人-環境適合理論」はホランドが代表的。
2)設問のとおり。
3)「意思決定モデル」はジェラットやヒルトンが有名。
4)「ナラティブ・アプローチ」はマイケルホワイトとディヴィッド・エプストンによって提唱された。キャリアカウンセリングにも適用したのはサビカスが有名。
【類似過去問】第2回問7-3・問9-3、第5回問6-3、第7回問6・問10-2・問29-1、第10回問6-1

問題9 難易度:易

× × ×
シャインの3次元モデルからの出題。組織内でのキャリア移動を3次元モデル(キャリア・コーン)で説明したもの。TADAJUKUオリジナルTEXT「Shinzou!」でズバリ掲載。

[出典]独立行政法人 労働政策研究・研修機構JILPT資料シリーズP70、金井壽宏著「経営組織」

  • 販売、製造などいろいろな職能(機能)の体験・・・図の底
  • 一般職、管理職、経営層と昇進して、階層(地位)があがる・・・図の高さ
  • 特定の職種(専門分野)で中心になっていく。例えば、製造部で主任補佐、主任、課長、統括部長など。・・・図の中心線

1)「機能(職能)」の軸は、垂直ではなく水平方向なので誤り。
2)「地位(階層)」の軸は、水平ではなく垂直方向なので誤り。
3)「中心性(部内者化)」の軸は、水平・垂直両方の移動ではなく、円周への中心方向なので誤り。
4)設問のとおり。3つの次元は相互に関連している。

問題10 難易度:易

× × ×
ホールといえば、プロティアン・キャリアと伝統的キャリアの比較は必須。第13回問6を要復習。第12回から連続3回出題。プロティアン・キャリアとは、従来の組織内のキャリアではなく、個人の心理的成功を目指すために、自己志向的に変幻自在に対応していくキャリアのこと。

1)設問のとおり。プロティアン・キャリアにおいて核となる価値観は「心理的成功、自由」。「昇進、権力、給与」は伝統的キャリアおいて核となる価値観である。
2)心理的成功とは、他者評価ではなく、自分自身で決めるもの。よって誤り。
3)プロティアン・キャリアの主体者は「個人」。主観的なキャリアが大事。よって誤り。
4)キャリアは生涯を通じた経験・スキル・学習・転機・アイデンティティの変化の連続である。よって誤り。
【類似過去問】第1回問8、第9回問9、第12回問8、第13回問6、

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
(株)TADAJUKU
(株)TADAJUKU代表。キャリアコンサルタント&心理カウンセラー。キャリコン試験対策全般、スーパービジョン、起業支援。著書4冊。奈良県出身、大阪府在住【好き】ブログ、読書、猫、散歩、カフェなど^^

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です