キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

《国家資格第18回》学科試験 過去問解説〔問題1~10〕

 
この記事を書いている人 - WRITER -
(株)TADAJUKU代表。キャリアコンサルタント&心理カウンセラー。キャリコン試験対策全般、スーパービジョン、起業支援。著書4冊。奈良県出身、大阪府在住【好き】ブログ、読書、猫、散歩、カフェなど^^

問題1 難易度:中

×
Society5.0時代を切り拓く人材の育成から初出題。やや冷静な読解力が要求されるが、資料を押さえていなくても、なんとなく選択肢3が×肢と判断できる。

1)設問のとおり。「人生 100 年時代」の到来により、職業人生が長期化し、キャリア・トランジションを経験する働き手が増えていくことが見込まれる(p1)。
2)設問のとおり。個々の業務の遂行方法や必要なスキルは非連続的に変化し、知恵や創造力、コミュニケーション力などがより求められるようになっていくと考えられる(p1)。
3)「組織内キャリア形成への集約・回帰」は明らかに時代の流れと反対である。今後は、会社主導による受け身のキャリア形成からの転換が求められる。よって誤り。
4)設問のとおり。働き手には、企業が用意する環境を自身の成長の場として最大限に活かし、自身のキャリアビジョンの実現と、組織や社会への貢献に取り組むことが求められる(p25)。

問題2 難易度:易

× × ×
今後の人材開発政策の在り方に関する研究会報告書からの出題。本資料は「第11次職業能力開発基本計画」と内容的に関連性があるため、今後の出題可能性にも注意。ただ、本問も資料を読んでいなくても、積極的に選択肢3を〇肢と判断できる。

1)在職者に対する訓練は、受講生から他の労働者への波及効果や中高年齢層の継続的な学びへの効果が期待され、さらには、中高年齢層の方が教える立場として活躍できる場を提供できる可能性もあることから、今後ますます重要となる(p5)。よって誤り。
2)遠隔相談がリアル相談と比べて効果が得られないとは言い切れない。よって誤り。時間や場所を問わずキャリアコンサルティングの機会を提供できるよう遠隔相談の活用を推進する必要がある(p6)。
3)設問のとおり。ジョブ・カードは、キャリアコンサルティングの過程で有効活用できるツールであり、今後のデジタル化を踏まえて、その在り方を引き続き検討するとともに、企業が従業員に対して行うキャリア支援の場面(キャリアコンサルティングやキャリア研修など)における活用を促すなど、さらに普及を進めていくことが必要である(p7)。
4)対人サービスなど無形の成果を提供するスキルを適切に評価することがますます重要となる。このようなスキルの評価には、新たなデジタル技術も活用した評価方法について検討する必要がある(p7)。よって誤り。

問題3 難易度:易

× × ×
頻出サビカスからの出題。「ライフデザイン・カウンセリング」という名称は聞きなれないと思いますが、各選択肢はサビカス理論の基礎を押さえていれば容易に正誤判断できる。
多田塾参考ページ:サビカスの過去問から頻出論点を分析

1)設問のとおり。クライエントがキャリア・ストーリーを語ることは、個人にとっての意味を作り出し、将来を形作るために大事なこと。クライエントは、過去の出来事が現在の選択を支持するように、そして、将来の変化の基礎となるように、過去を思い出すのではなく再構成する。
2)カウンセラーが、クライエントが語るキャリア・ストーリーを脚色はしてはいけない。よって誤り。
3)敵対ではなく、協働しなければならない。よって誤り。
4)青年期以降ではなく、3~6歳ぐらいの出来事もしくは覚えている最初の出来事を中心に尋ねる。よって誤り。

問題4 難易度:易

×
発達的アプローチの横断的問題。各理論家の基礎的理解をもとに、やや読解力が求められるが、積極的に選択肢3を×肢と判断できる。

1)設問のとおり。スーパーは、キャリア発達の過程を①自己概念の発達と受容→②探索と現実の吟味→③自己概念の実現というプロセスで順次進展すると述べている。
2)設問のとおり。発達的アプローチは、変化を予測したり、理解したり、変化に取り組んでいく方法を把握する支援も含まれる。
3)生涯発達が、進歩向上だけというのはあり得ない。当然、停滞・減退などを繰り返しながら発達していく。よって誤り。
4)設問のとおり。レビンソンは成人の心理社会的発達は、生活構造の安定期(築かれる時期)と過渡期(変わる時期)が交互に現れ進んでいくと考えた。

問題5 難易度:易

× ×
ハンセンの、キャリアプランを考えるときの6つの重要課題から出題。容易に判断できる。

下記、多田塾オリジナルテキストShinzou!を参照。
よって、選択肢2が正解。

問題6 難易度:難

× × ×
マーシャのアイデンティティ・ステイタスからの出題。多田塾では17回公開模試で出題。マーシャは過去第4回問11-4で1回だけ出題されたのみ。捨て問。

アイデンティティ・ステイタスは、アイデンティティ危機の経験積極的関与の有無の組み合わせにより、アイデンティティ達成の様態を、「アイデンティティ達成」、「モラトリアム」、「予定アイデンティティ」、「アイデンティティ拡散」の4つで示したもの。

1)本設問内容は、「危機を経験していない」×「積極的関与していない」⇒「アイデンティティ拡散」。よって誤り。
2)設問のとおり。本設問内容は、「危機を経験していない」×「積極的関与している」⇒「予定アイデンティティ
3)本設問内容は、「危機の最中」×「積極的関与しようとしている」⇒「モラトリアム」。よって誤り。
4)本設問内容は、「危機を経験した」×「積極的関与している」⇒「アイデンティティ達成」。よって誤り。

問題7 難易度:易

×
頻出スーパーからの出題。選択肢1が明らかにサビカスの理論であるため、速攻で×肢と判断できる
多田塾参考ページ:スーパーの過去問から頻出論点を分析

1)キャリア・アダプタビリティの4次元(関心、統制、好奇心、自信)はサビカス。よって誤り。
2)設問のとおり。スーパーの5段階の一連のサイクル(成長、探索、確立、維持、解放)をマキシ・サイクルと呼ぶ。
3)設問のとおり。スーパーは、個人と職業との関係をダイナミックに説明するため、人と職業の適合のダイナミズムを解釈し、それを適切に評価するために「職業適合性(能力とパーソナリティー)」を整理した。
4)設問のとおり。9種類の役割(ライフスペース)が重複可能で相互作用を及ぼす。①子供②学生③余暇人(余暇を楽しむ人)④市民(地域活動など)⑤労働者⑥配偶者(妻・夫)⑦家庭人(自分の家庭を維持管理する)⑧親⑨年金生活者

問題8 難易度:易

× × ×
カウンセリング理論や心理療法の横断問題。積極的に選択肢2を×肢と判定できる。

1)吉本伊信の内観療法は間違いないが、将来計画は無関係(誰の理論か調査中)。よって誤り。
2)設問のとおり。リビドーとは、人間に生得的に備わっている「本能」エネルギーの意味で、フロイトが精神分析の概念として使った。
3)系統的脱感作(「逆制止(リラックスさせて不安を消す)」の原理を使って、段階的に不安反応を除去する方法である。例えば、高所恐怖症の人にまずは「自律訓練法」でリラックスしてもらっ
たあと、1階から順番に恐怖を感じさせなくする)は、ウォルピ。よって誤り。
4)キャリア・インタビューはサビカス。よって誤り。

問題9 難易度:易

×
交流分析から出題。選択肢2はやや細かいところからの出題ですが、それ以外の選択肢は基本的内容。なにより選択肢1は速攻で×肢と判断できる。

1)交流分析はバーンが開発。よって誤り。
2)設問のとおり。ストロークとは「人が交流するときに行うやり取り全般」のこと。陽性のストロークとは、「愛情」「承認」「報酬」など、人を喜ばせたり気分を良くさせるもの。陰性のストロークとは、「非難」「攻撃」「叱責」「疑惑」など、相手の価値を切り捨てるようなもの。
3)設問のとおり。下記多田塾オリジナルShinzou!テキスト参照。
対人関係における4つの基本的な心構え▼
4)設問のとおり。交流分析の骨子は「構造分析」「交流分析」「時間の構造化(ゲーム分析含む)」「脚本分析」の4つである。心身症や神経症をはじめ、主に対人関係の問題で悩んでいる場面で有効である。

問題10 難易度:易

× × ×
傾聴におけるカウンセラーの基本的態度に関する問題。超サービス問題。

1)クライエントの発言の特に重要な「事柄のみ」要約、受容するのではなく、「感情や価値観」などもしっかり受容すること。よって誤り。
2)設問のとおり。クライエントの置かれてる状況、気持ちなど、クライエントの世界を感じ取る。
3)カウンセラーは、誤り指摘を求められているのではない。よって誤り。
4)カウンセラーにとってどんな意味があるのかではなく、クライエントにとってどんな意味があるのかが大事。よって誤り。

>>問題11~20へ

⇒⇒第18回解説目次ページはこちら

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
(株)TADAJUKU代表。キャリアコンサルタント&心理カウンセラー。キャリコン試験対策全般、スーパービジョン、起業支援。著書4冊。奈良県出身、大阪府在住【好き】ブログ、読書、猫、散歩、カフェなど^^

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です