キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

《国家資格第9回》学科試験 過去問解説〔問題31~40〕

 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あき子
藤原あき子
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

問題31:来談者中心療法〔難易度:易〕

× × ×

【一言】

ロジャースの来談者中心療法の基本です。落とせない設問です。

【解説】

1)クライエントとの関係において心理的に安定しており、ありのままの自分を受容していることを自己一致または、誠実な態度という。(木村先生著P43)2)クライエントの内的世界を共感的に理解し、それを相手に伝えることを共感的理解という。(木村先生著P43)3)相手の立場になって相手の気持ちに共感しながら聴くこと。4)クライエントに対して無条件の肯定的関心を持つことを受容的態度という。(木村先生著P43)

【類似過去問】

第1回問25、第2回問25、第5回問29、第8回問28

問題32:カウンセリング理論・心理療法〔難易度:難〕

× × ×

【一言】

カウンセリング理論と心理療法の名称・提唱者の横断問題。聞き覚えがない名称もあり難問。

【解説】

1)パールズはゲシュタルト療法。理性感情行動療法は論理療法と同義語でアルバート・エリス提唱。2)エリクソンは心理社会的発達理論、行動療法はウォルピやスキナー。リラクゼーションは恐怖反応に拮抗させる。(ウォルピ)3)森田療法は森田正馬、吉本伊信は内観法、身調べは内観法の前身。

問題33:モデリング〔難易度:易〕

×

【一言】

モデリングの詳細が分からなくても4は×肢と選べます。内容はバンデューラの代理強化(他者が強化されているのを観てその行動を学習する「観察学習」「モデリング」)。必ず正答しましょう。

【解説】

1)先行刺激となり模倣行動を起こす可能性がある。2)負が強化され同じ行動をしないようになる。(ジルP123) 3)正の強化で模倣するようになる。(ジルP123) 4)上手くいかないという負の行動結果は挑戦する意欲を低下させる。

【類似過去問】

第1回問27、第7回問43

問題34:グループアプローチ〔難易度:易〕

×

【一言】

構成的グループエンカウンターとベーシック(非構成的)エンカウンターについて。事前に用意された課題ではなく、メンバーから出る自由な話題で展開するのがベーシック(非構成的)エンカウンターの特徴。

【解説】

1)3)設問のとおり。2)設問のとおり。(木村先生著P321) 4)メンバーが自由にエクササイズの課題を出し合う。

【類似過去問】

第8回問33、第9回問29

問題35:認知行動カウンセリング〔難易度:難〕

× × ×

【一言】

認知行動について。難易度は高い。

【解説】

1)来談者中心療法は含まれない。2)認知療法はアーロンベックが開発した技法。認知行動カウンセリングは創始者がないという位置づけになる。が、若干問いに疑問が残る。3)認知行動療法は、認知療法と行動療法をパッケージ化したもの。出来事の受け止め方、反応を見ていく治療法のため認知に注目していると言える。4)クライエントに寄り添って問題解決をするのではなく、不適応な反応を軽減し適応的な反応を学習させていく治療法。

【類似過去問】

第5回問28

問題36:小学校 学習指導要領〔難易度:中〕

× × ×

【一言】

小学校の学習指導要領からで第8回に続いて2回目。個人的には捨て問。感覚的に2と3は切れる。

【解説】

1)キャリア形成が正しい。

【類似過去問】

第8回問36

問題37:インターンシップの意義〔難易度:易〕

×

【一言】

常識的な観点から正答をとりましょう。

【解説】

1)設問のとおり。2)大学等の教育の一環として位置付けられ得るものではあるが、ケースにより単位認定されない場合もある。【類似過去問】第5回問1 3)4)設問のとおり。

【類似過去問】

第1回問39、第8回問42

問題38:情報提供〔難易度:易〕

×

【一言】

基本的な設問。限定ワード「常に」に留意したい。

【解説】

1)信頼関係の構築は基本中の基本である。2)常に有効と言い切れない。3)クライエントの反応にはいつも気をつけたい。4)理由の具体的な説明は忘れず行う。

問題39:目標設定〔難易度:易〕

× × ×

【一言】

基本的な観点と常識から必ず正答しましょう。

【解説】

1)設問のとおり。(木村先生著P294) 2)技量や任務の範囲以外の場合は、技量がある者や専門へのリファーが必要。能力を超える業務依頼は受けてはいけない。(キャリアコンサルタント倫理綱領第8条 任務の範囲) 3)CCが相談者のするべきことを決めることはない。(木村先生著P292) 4)契約書(同意書)は意志が弱い、努力を続けるのが困難な人の場合、必要に応じて作成する。(木村先生著P295)

【類似過去問】

第1回問45、第2回問42、第4回問45、第5回問43、第8回問39

問題40:方策の実行〔難易度:中〕

× × ×

【一言】

カウンセリング療法と方策実行を絡めた設問で若干難易度が上がるが、よく読んで積極的に4を〇肢と選びたい。

【解説】

1)「感情に焦点を当て」はクライエント中心療法。 2)クライエント中心療法に基づく支援ではない。 3)精神分析理論に基づくならば、無意識の中に閉じ込められている悩みなどを見つめてもらい、自己理解を深め新しい気づきを持ってもらう。 4)設問のとおり。より適切な思考を検討し変容させる。(木村先生著P50)

問題31~40ネットで確認できる参考資料

インターンシップの推進に当たっての基本的考え方 (資料CHECK優先度:中/ボリューム少)

キャリアコンサルタント倫理綱領 (資料CHECK優先度:高/ボリューム少)

>>問題41~50へ

⇒⇒第9回解説目次ページはこちら

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あき子
藤原あき子
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です