キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

<改正>フレックスタイム制の清算期間が拡充!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あき子
藤原あき子
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

今日は、フレックスタイム制の清算期間が2019年4月1日から拡充された件をお伝えしていきます。

フレックスタイム制も「働き方改革」の目指すところの、「働く方々が、個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で「選択」できるようにするための改革」の1つ。

わたしは、会社員の時にこの制度を大いに活用していました。

幸いなことに私は1カ月の清算期間でも十二分に活用できましたが、中には1カ月単位での清算が難しい仕事内容・状況もあります。

今回の改正では、清算期間を3カ月に延長することで、さらに柔軟な働き方ができるようになると思います。

<改正>フレックスタイム制の清算期間が拡充!

まずは、フレックスタイム制ってどんな制度なのかから、お話ししていきたいと思います。

フレックスタイム制とは?

厚生労働省のHPによると、下記のように説明がされています。

フレックスタイム制とは、1か月以内の一定期間(清算期間)における総労働時間をあらかじめ定めておき、労働者はその枠内で各日の始業及び終業の時刻を自主的に決定し働く制度。労働者が生活と業務の調和を図りながら効率的に働くことができ、また労働時間を短縮しようとするものです。

労働者自らが、始業・終業の時間を決めて仕事の時間を自分自身で管理することで、仕事と生活のバランスをとって柔軟に働くことができるという制度ですね。

最終的には労働時間の短縮に繋げることも目的になっています。

私が実際に利用していた感覚では、仕事と生活のバランス・効率的な働き方ができる便利な制度という感じ。

労働時間の短縮というところまでは、個人的には行きついていなかったです。

フレックスタイム制のメリット・デメリット

フレックスタイム制のメリットは何となく掴める感じがしますが、デメリットってどんなことがあるでしょう。

メリット
  • 日々の都合に合わせ、時間を仕事とプライベートに自由に配分することで、仕事とプライベートのバランスがとりやすい
  • 残業時間の軽減に繋がる可能性がある
  • 始業・終業時間をずらすことでラッシュを避ける、子どもの送り迎えなどで個人のライフスタイルに合わせた勤務ができる
  • 制度があることで、離職を防いだり採用しやすくなる可能性がある
デメリット
  • 出勤・退社時間のずれによって顧客や取引先、また同僚などとの連携に支障がでてトラブルになる可能性がある
  • 自己管理が基本となるため、自己管理ができない場合はルーズな時間管理を助長することにもなる
  • 従業員の働く時間帯が広くなる可能性があり、その場合は光熱費などのコスト高が考えられる

どういう目的でフレックス制度を導入するのかを、従業員に周知徹底し理解してもらうことや、対象となる職種をどうするのかがポイントになりますね。

また、フレックスタイム制には「コアタイム」と「フレキシブルタイム」があります。

  • コアタイム:必ず勤務しなければならない時間帯
  • フレキシブルタイム:いつ出社しても、また退社しても良い時間帯

<引用:厚生労働省リーフレット>

フレックスタイム制の清算期間は1カ月から3カ月に

では本題です。

2019年4月1日からフレックスタイム制の清算期間が、1カ月から3カ月に延長になりました。

まずは、この点を押さえておきましょう。

3カ月に上限が延長されることで、今まで1か月単位の清算が、上限3か月単位での清算が可能になりました。

厚生労働省のリーフレットに分かりやすい図があったので参考にどうぞ。

<引用:厚生労働省リーフレット>

清算期間が1カ月を超える場合は労使協定の届け出が必要

下記の(ⅰ)(ⅱ)はフレックスタイム制の導入要件となります。
そのうえで清算期間が1カ月を超える場合には、労使協定を所轄の労働基準監督署長へ届け出が必要に。

違反した場合は罰則(30万円以下の罰金)が科せられる場合があります。

<引用:厚生労働省リーフレット>

次のパンフレットがネーミングのとおりわかりやすいので。

特にP3~P8を一読してみるといいと思いますよ。

今日ご紹介した以外に実務的な部分での内容もありますが、とりあえずは清算上限が延長されたことなどをまずは押さえておきましょう。

チェックしましょう!

フレックスタイム制のわかりやすい解説 (厚生労働省のリーフレット)

さらに柔軟な働き方ができるフレックスタイム制に!

今日は、フレックスタイム制の清算期間が3カ月に延長されたお話しでした。

仕事とプライベート、生活のバランスがこの改正でうまく回るといいですね。

では、今日はここまで。

受験勉強はコツコツ日々の努力で!

頑張って!

フレックスタイム制の清算期間は1カ月から3カ月について一問一答!

では、今日のおさらいを一問一答で!

次の問題は正しいでしょうか?間違っているでしょうか?

問題1:フレックスタイム制は、労働者が日々の始業・終業時間を自ら決めることができる制度である。

問題2:フレックスタイム制で清算期間が1カ月を超える場合は、労使協定を市町村役場に届ける必要がある。

問題3:フレックスタイム制の清算期間の上限は3カ月である。

では、解答です。

問題1:〇  設問のとおり。労働者が日々の始業・終業時間を自らが決めることができ、仕事と生活のバランスを取りながら効率的に働くことができる制度です。 ⇒フレックスタイム制のわかりやすい解説  P3

問題2:× 労使協定は市町村役場ではなく、所轄の労働基準監督署長に届ける必要がある。⇒フレックスタイム制のわかりやすい解説 P8

問題3:〇 設問のとおり。清算期間の上限は3カ月である。⇒フレックスタイム制のわかりやすい解説  P6

いかがでしたか?難しくはないと思うので、サクッと覚えてしまいましょう。

▼模擬試験であとプラス6点!★受験生募集中▼

▼関連記事はこちらから▼

多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ!

多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方、絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、2つの有料会員コースをご用意しております。

  1. 学科集中コース(学科合格に必要なものをすべて提供)
  2. 研究施設コース(学科合格教材すべて+実技合格教材+対人支援プロ養成教材)

 多田塾有料会員の詳細はこちら >>

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あき子
藤原あき子
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です