キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

〔キャリアコンサルタント学科〕40代以降必見!記憶の残し方、覚え方5選!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あき子
藤原あき子
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

キャリアコンサルタント試験の学科合格には、多岐にわたる様々な分野について勉強して覚えることになります。

たくさんの知識を積み重ねるだけでもひと仕事ですが、さらに受験生の年齢層が高く40代以上が圧倒的に多いと感じます。

わたしもまさに40代最後の年齢のとき受験生でしたから、覚えるということがいかに大変かはよく分かりますし、何をするにも30代より40代、40代より50代と年々と厳しくなります。

とは言うものの、キャリコン学科に合格するためには覚えることは欠かせないこと。

今日は、記憶の残し方についてお伝えしていきますね。

〔キャリアコンサルタント学科〕40代以降必見!記憶の残し方、覚え方5選!

キャリアコンサタントの学科勉強。

わたしが養成講座に通ったことで分かったのが、自分と同じくらいの年齢もしくはお兄さんお姉さんの年代が多かったこと。

それは今も変わらずで、受験生の平均年齢は高いですね。

長い文章を丸ごと覚えるようなことはほとんどありませんが、それでも多くの論点を記憶に残すことは難しい年代になります。

あまり手をかけずにできる記憶定着方法について、5つご紹介したいと思います。

覚えたあとに、その内容を声に出して言ってみる

キャリアコンサルタントの過去問を解いていて、数字など覚えることは結構ありますよね。

例えば、「法定労働時間は8時間および週40時間、時間外労働の上限は原則月45時間・年間360時間、特別条項にすると年720時間・・・」と。

こんな風に数字がたくさんあったり、似た数字があると混ざって迷うこともあると思います。

これは怪しいなと思ったり覚え切りたいときは、覚えた直後に何も見ずに声に出してサッと言ってみましょう。

  • 思い出して言葉に出すことで定着に繋がる
  • さらに自分の声が耳に入ってくる効果

思い出すことは記憶に残りやすくなります。

たびたび間違える項目ばかりをメモにする

何回も間違える項目は、メモにすることもいいですね。

キャリアコンサルタントの時もそうでしたが、いろんな資格勉強の時にはこういうメモを作りました。

40代前半くらいまではこのようにメモを作ること=特別なことで記憶に残りやすかったですね。

ミスノートのような感じかもしれません。

40代後半以降は歩きながらこのメモをチラ見しながら覚えたり、試験の直前に見て最終確認をしていました。

午後からの効率を上げるためのひと工夫

午前中、目いっぱい勉強。

午後からも引き続いて取り組む場合などは午前で脳はかなり疲れています。

ここでお昼ごはんを食べることで、睡魔が襲ってくることもあるでしょうね。

わたしがここ2月間ほど取り入れてるのが、お昼ごはん後に軽く横になること。

これは英語で「パワーナップ」と言って、パフォーマンスを上げるためのお昼寝のことです。

ナイキやGoogleも「パワーナップ」を取り入れているのは有名ですし、日本でもお昼寝ルームなるものがあって社員に推奨している企業もあります。

わたしは時間を15分と決めていますが、時にはこの短時間で本当に寝てしまうことも。

寝起きはスッキリでその後の仕事に眠気がさすことはほぼありません。

キャリアコンサルタント的に説明すると「健康づくりのための睡眠指針2014」でも推奨していますので、取り入れてみるのもいいですよ。

睡眠12箇条

8条の説明文抜粋

午後の短い昼寝で眠気をやり過ごし能率改善

午後の眠気による仕事の問題を改善するのに昼寝が役に立ちます。

午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的です。

<引用:健康づくりのための睡眠指針2014

集中して勉強したあとには脳を休ませる

人間の脳は「集中する」ことと「緩和する」ことの2つの動作で処理をしています。

  • 集中するは、意識が集中して何かを懸命に覚えようとする
  • 緩和するは、リラックス状態で頭の中にある複数の情報をつなぎ合わせる

ここからも分かるように、勉強して何かを覚えようとしたあとはリラックス状態にすることで、勉強した情報・知識が結びつくと言われています。

勉強したあとは、余計なことをせずに脳を休ませるほうがいいということですね。 

勉強時間、選べるなら午前中に

朝、目覚めてから3時間くらいが脳のゴールデンタイムと言われています。

キャリコン学科勉強をするなら、午前中がいいですね。

わたしは、大事なことや初めて取り組むことなどは午前中にスケジュールするようにしています。

会社員時代にもこれは感じていましたが、時間が遅くなればなるほど頭を使った仕事は集中力が欠けたりしてできませんでした。

企画書を考えて作ったり、何か文章を書かないといけないようなものはお昼休みまでの時間が有効でしたよ。

まとめ

記憶の残し方・覚え方の5つをご紹介しました。

特に私と同年代の50代、また40代の方もそろそろ覚えることが辛くなってきていると思います。

今日ご紹介したものは、どれもカンタンにできることなので是非1つでもトライしてくださいね。

どれもおススメですが、私が気に入っているのは「パワーナップ」。

パナ―ナップは3月~4月のサイト構築期の多忙な折に、思い切って取り入れてみましたが、結果的に良かったと思っています。

脳の疲れは相当だったと思いますが、日々なんとかやっていけたので。

脳を程よく休ませながらキャリアコンサルタントの学科試験に向けて、日々頑張っていきましょう!

▼第13回学科試験対策!模擬試験でプラス6点!★受験生募集中★▼

多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ!

多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方、絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、2つの有料会員コースをご用意しております。

  1. 学科集中コース(学科合格に必要なものをすべて提供)
  2. 研究施設コース(学科合格教材すべて+実技合格教材+対人支援プロ養成教材)

 多田塾有料会員の詳細はこちら >>

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あき子
藤原あき子
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です