キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

【問題26】仕事理解の支援(重要度:S、難易度:中)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あきこ
藤原あきこ
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

この記事の目次

問題

職業(仕事)理解の支援に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

1.職業とは「生計維持のために何らかの報酬を得ることを目的にした継続的な人間活動」と定義されている。

2.社会には約1万7,000もの職業種類が存在し、職業を理解するためには、「どのような職業がどのような関係を持って存在するのか、その全体像をできるだけ幅広く理解すること」が大切である。

3.できるだけ多くの職業やキャリア情報を個人に提供し、個人はそれを的確に理解し、吟味して進路選択やキャリア形成に活用することは、キャリアコンサルティングの重要なポイントである。

4.職業理解とは、職業、産業、事業所、雇用を理解することで、経済や社会状況は含まれていない。

解答

×

解説

職業(仕事)理解の支援については、毎回出題されているので留意しましょう。(木村先生著P89-5訂版)

厚生労働省編職業分類では、大分類(11)、中分類(73)、小分類(369)、細分類(892)に分類され、その数は1万7,000にも及びます。現在は4回目の改定版(平成23年)。

厚生労働省編職業分類は、職務の類似性、ハローワークにおける求人・求職の取扱件数、社会的な需給などに基づいて体系的に分類し、求人・求職のマッチングや、求人・求職の職業別動向把握など職業紹介事業等を行うために使われています。

4は、職業理解は、職業、産業、事業所、雇用、経済、社会状況を理解することである。

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あきこ
藤原あきこ
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です