キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

<改正>労働時間の状況の把握義務について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あき子
藤原あき子
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

今日は、労働安全衛生法の改正について。

とてもカンタンですし、さっと読んでおけば大丈夫な内容です。

使用者の責務として、「従業員の労働時間を適正に把握しましょう」ということが既にガイドラインとしてありましたが、それが2019年4月1日から法律で義務化に。

では、もう少し詳しく説明していきますね。

<改正>労働時間の状況の把握義務について

労働基準法で規定されている、

  • 労働時間
  • 休日
  • 深夜業  など

について、使用者には労働時間を適正に把握・管理する責務があります。

因みに労働時間の限度と休日は、

  • 1日8時間および週40時間、休日は毎週少なくとも1回

でしたね。

具体的に、使用者が講ずべき措置についてすでにガイドラインがあり、今回の改正ではこのガイドラインが法律により義務化になったということです。

「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」リーフレット(厚生労働省)

※試験対策として読む場合は、さらっとで良いと思います。

加えて、ガイドラインでは対象外となっていた

  • 管理監督者
  • みなし労働時間制が適用される労働者

が、対象に含まれるようになりました。

労働時間の適正な把握方法

労働時間の適正な把握方法としては、客観的な方法で行うこととして次のような例が挙げられています。

  • タイムカード
  • パソコンのログインからログアウトまで
  • その他の適切な方法

私が所属していた企業ではタイムカードはなく、すべて自己申告でした。

日々、始業時間と終業時間を勤怠システムに入力する方法。

パソコンのログオンからログアウトという方法は、場合によっては「働いた時間」を計るには無理があると思うので個人的にはどうかなと思います。

それなら、業務の始まりと終わりに打刻するシステムを入れて、PCからまた貸与されているスマホ・携帯電話から入力できるようにするのが便利だし管理もいいかなと。

この労働時間の状況把握は、

記録を作成し、3年間の保存

が必要です。

使用者側は、これ以外に「年次有給休暇管理簿を作成して3年間保管しなければなりません」ので、一緒に管理して集計もできる仕組みがあれば尚良しですね。

さらっと言うのはカンタンですが導入には経費もかかりますし、実務者の負担と合わせて相談でしょうか。

▼「年次有給休暇管理簿の3年間保管」はこちらの記事で確認ができます▼

労働時間を把握する対象者

ガイドラインでは対象になっていなかった

  • 管理監督者
  • みなし労働時間制が適用される労働者

も、今回は対象になりました。

管理監督者といっても健康上の問題などを考えると、長時間労働が許されるわけでもなく、時間外労働の上限が法律で規制されたことからも自然な流れなんでしょうね。

▼時間外労働の上限規制についての詳しい内容はこちらから▼

労働時間の状況の把握義務についてのまとめ

最後にポイントをまとめると、

  • 労働時間は客観的な方法で把握する
  • 対象は管理監督者も含めすべての労働者
  • 状況の記録は3年間保存する必要がある

さくっとこの3点を覚えてしまいましょう!

労働時間の適正な把握について一問一答!

では、今日のおさらいを一問一答で!

次の問題について、正しいか間違っているかを答えてみましょう。

問題1:労働時間の把握はすべての労働者であり、管理監督者も含まれる。

問題2:労働時間を把握した状況の記録は5年間保存する必要がある。

問題3:労働時間は、例えばタイムカードやパソコンのログイン・ログアウトなどの客観的な方法で把握する必要がある。

では、解答です。

問題1:〇 設問のとおり。労働時間の把握は管理監督者を含むすべての労働者である。

⇒時間外労働の上限規制わかりやすい解説 P7

問題2:× 記録は3年間保存である。5年間は誤り。

⇒時間外労働の上限規制わかりやすい解説 P7

問題3:〇 設問のとおり。労働時間の把握は客観的な方法例えば、タイムカードやパソコンのログオン・ログオフなどで行う必要がある。

⇒時間外労働の上限規制わかりやすい解説 P7

第12回学科試験対策!公開模擬試験で弱点をみつけて合格に近づきましょう!受験生募集中▼

多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ!

多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方、絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、2つの有料会員コースをご用意しております。

  1. 学科集中コース(学科合格に必要なものをすべて提供)
  2. 研究施設コース(学科合格教材すべて+実技合格教材+対人支援プロ養成教材)

 多田塾有料会員の詳細はこちら >>

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あき子
藤原あき子
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です