キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

行動療法<古典的条件づけ、道具的条件づけ>

多田健次
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
多田健次
多田健次
(株)TADAJUKU代表。キャリアコンサルタント&心理カウンセラー。キャリコン試験対策全般、スーパービジョン、起業支援。著書4冊。奈良県出身、大阪府在住【好き】ブログ、読書、猫、散歩、カフェなど^^

概要

行動療法には大きく分けて「古典的条件づけ(レスポンデント条件づけ)」と「道具的条件づけ(オペラント条件づけ)」がある。

2つの条件づけ

(1)古典的条件づけ(レスポンデント条件づけ)

<パブロフが創始者>

ある刺激に対して無意識で反応が起こる。
※パブロフの犬実験:ベルが鳴る⇒犬に餌を与えるを繰り返す。そうすると犬はベルが鳴っただけで唾液が出る。条件反射。無意識の反応。

補足説明

学習が成立するためには、犬に餌を与えるすぐ側でベルを鳴らすことが重要。これを「接近の法則(関係性の強いものを近づける)」という。

(2)道具的条件づけ(オペラント条件づけ)

<ソーンダイクが創始者>

欲求充足のための手段(道具)として、意識的に行動を起こす。
※ネコの実験:檻に入れられた猫が走り回りたまたま体にレバーが当たる。すると餌が落ちてきた。何度か体にレバーが当たると餌が貰える(これが強化因子となる)体験をする。餌が出なくなっても体をレバーにぶつける。試行錯誤しながら行動を定着させる。
ちなみに、ネズミを使って同じような実験を行ったのが<スキナー>という人物である。

補足説明

餌が貰えるという強化因子があるので、行動を増やす。これを「強化の法則」という。

学習POINT!

本来はかなり難しい内容なので最低限で説明。まずは行動療法の2種類の特徴だけを押さえる。

具体的な行動療法についてご紹介

(1) 古典的条件づけ(レスポンデント条件づけ)に基づくもの

① 系統的脱感作法<ウォルピが開発>

「逆制止(リラックスさせて不安を消す)」の原理を使って、段階的に不安反応を除去する方法である。例えば、高所恐怖症の人にまずは「自律訓練法」でリラックスしてもらったあと、1階から順番に恐怖を感じさせなくする(脱感作)。

② 主張訓練

対人場面で正当な自己主張ができるように何度も練習する。例えば、過度な仕事に対して「この仕事はできません」とハッキリ言えるように訓練すること。

(2) 道具的条件づけ(オペラント条件づけ)に基づくもの

① 強化法

報酬を期待することで行動が形成される。
a) シェーピング法:スモールステップで段階的に目標を達成させる。沢山のことを一気に誉めるのではなくて、段階をおって1つずつ誉めながら小さな目標を達成させていく。
b) トークンエコノミー法:夏休みのラジオ体操で、参加するたびにカードにシールを貼ってあげて行動を持続させる。

② 嫌悪療法

罰を与えることで、よくない行動を消す。例えば、クラブ活動で遅刻すると腕立て伏せ100回という罰を与えることで遅刻を無くす。

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
多田健次
多田健次
(株)TADAJUKU代表。キャリアコンサルタント&心理カウンセラー。キャリコン試験対策全般、スーパービジョン、起業支援。著書4冊。奈良県出身、大阪府在住【好き】ブログ、読書、猫、散歩、カフェなど^^

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です