キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

【問題59】理論家横断(重要度:S、難易度:難)

TADAJUKU
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TADAJUKU
TADAJUKU

この記事の目次

問題

職業発達の理論に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

1.ハヴィガースト(Havighurst,R.J.)の成長段階における課題では、「自立的な人間形成」や「日常生活に必要な概念を発達させること」は青年期の課題とされる。

2.エリクソン(Erikson,E.H.)の心理社会的発達理論では、青年期に自己同一性を実現し、乗り超えられないときは「孤立」の状態になる。

3.ユング(Jung,C.G.)のライフサイクル論は、「人生の午前」「人生の正午」「人生の午後」があり、人生最大の危機は「中年期の転換期」とした。

4.ヒルトン(Hilton,T.L.)は、青年期の同一性達成のプロセスを①脱構成化 ②探求と再構成化 ③強化の3段階で説明した。

解答

1 2 3 4
× × ×

解説

【一言】発達課題は頻発。理論家の横断問題なので難易度は高くなります。

【解説】1)設問の内容は「児童期」の発達課題。 2)乗り超えられないときは「自我同一性の拡散(混乱)」の状態になる。 3)設問のとおり。4)提唱者はヒルトンではなくマーシャ。

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
TADAJUKU
TADAJUKU

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です