キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

【問題84】ジョブ・カード(重要度:S、難易度:易)

TADAJUKU
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TADAJUKU
TADAJUKU

この記事の目次

問題

ジョブ・カードに関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

1.ジョブ・カードの目的は「生涯を通じたキャリア・プランニング」と「職業能力の証明である。

2.ジョブ・カードはキャリアコンサルティングをしながら、キャリアコンサルタントが記入をし、その場で相談者が記入された内容を確認する。

3.ジョブ・カードは、求職中の場合は履歴書だけでは理解がされにくい職業能力について、面談の際の手元資料として活用することが推奨されている。

4.ジョブ・カードの作成・利用は、あくまでも在職労働者や求職者等の個人と事業主を対象としており、学生の利用は想定されていない。

解答

× × ×

解説

【一言】積極的に1を〇肢と選びましょう。絶対に落とせない設問です。

【解説】1)設問のとおり。 2)ジョブカードの記入は、相談者自身が行う。 3)手元資料ではなく、応募書類として活用ができる。 4)学生の利用も想定されている。

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
TADAJUKU
TADAJUKU

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です