キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

【問題17】自己理解の支援(重要度:S、難易度:易)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あきこ
藤原あきこ
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

この記事の目次

問題

心理検査とその内容に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

1.厚生労働省一般職業適性検査(GATB)の構成は、15の下位検査(11の紙筆検査、4つの器具検査)で仕事を遂行するために必要な9性能を測定する。

2.職業レディネス・テスト(VRT)は、仕事に対する基礎的志向性、個人の興味、自信度の強い職業領域、弱い領域を検索することができる。

3.VPI職業興味検査(VPI)は、120の職業を提示し、6つの興味領域と5つの傾向尺度に対する個人の特性を測定する。

4.職業ガイダンス・システム(パソコンを使用したCACGS)には「職業ハンドブック・ジュニア版OHBY)、「キャリアインサイト」などがあり、職業理解のための職業情報に重きを置き、自己理解が同時にできるようにつくられているものが多い。

解答

×

解説

キャリアコンサルティングに多用される心理テストについての問題で、GATB、VRT、VPI、CACGSは頻発するので内容はぜひ覚えておきたい。

3の、VPI職業興味検査(VPI)は、160の職業を提示して測定する。ホランド理論に基づいた診断ツールでありVPI日本版は、11の尺度(6種類の興味領域と、5つの傾向尺度)をプロフィール化して整理を行う。

因みに、職業レディネス・テスト(VRT)のA検査とC検査もホランド理論からなり、VPI、VRTともに6タイプごとの興味・能力の強さが表示され、クライエントの実感と合っているのか、なぜこのような結果になったのかなどを検討して、自己理解を深めることが大切である。

[

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あきこ
藤原あきこ
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です