キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

【問題63】障害者の雇用(重要度:S、難易度:易)

TADAJUKU
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TADAJUKU
TADAJUKU

この記事の目次

問題

障害者の雇用に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

1.障害者の法定雇用率は、民間企業は2.2%、国や地方公共団体等は2.5%、都道府県等の教育委員会は2.4%である

2.平成30年4月から対象となる民間企業の事業主範囲は、引き続き従業員50名以上である。

3.障害者には向いている仕事、向いていない仕事があるので、就業については本人の要望に沿えないことがある。

4.法定雇用率を達成するために障害者を採用する場合、身体障害者と精神障害者は障害者に算入されるが、知的障害者は算入されない。

解答

1

× × ×

解説

【一言】障害者の雇用に関して。法定雇用率の引き上げがH30年4月~行われたので、押さえておきましょう。

【解説】2)改訂後の民間企業の事業主範囲は従業員45.5名以上に変更。 3)一人ひとりの障害状況やスキル習得状況、本人の希望や意欲に応じて様々な職種で雇用される。4)算入されるのは、身体障害者、知的障害者、精神障害者。

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
TADAJUKU
TADAJUKU

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です