キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

パーソンズ<職業選択理論>

多田健次
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
多田健次
多田健次
(株)TADAJUKU代表。キャリアコンサルタント&心理カウンセラー。キャリコン試験対策全般、スーパービジョン、起業支援。著書4冊。奈良県出身、大阪府在住【好き】ブログ、読書、猫、散歩、カフェなど^^

パーソンズの理論については批判的見解もありますが、現代においてもこの考え方は就職、転職活動において基礎的前提となっています。

代表著書

1909年著書:「職業の選択」が有名

パーソンズの代表的理論

 「特性因子理論(マッチング理論)」を提唱。

【個人の興味、適性、価値観、性格(=特性)】と【仕事内容、能力など環境(=因子)】を合理的な推論を行い適合させることが重要。

有名な言葉

「適材適所」、「丸いクギは丸い穴に」

ウィリアムソンが継承

この後、ミネソタ大学で進路指導を担当していたウィリアムソンが継承(特性因子カウンセリング)。学生相談はもちろんのこと、それ以外の人生相談にも利用された。

補足事項
「人はすべて異なる。個人の差異性は測定できる」という差異心理学を背景に置く。

次のような批判がある

①ロジャーズの来談者中心療法(非指示的療法)に比べて指示的である。カウンセラー中心である。②心理テスト、検査に依存しすぎる。

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
多田健次
多田健次
(株)TADAJUKU代表。キャリアコンサルタント&心理カウンセラー。キャリコン試験対策全般、スーパービジョン、起業支援。著書4冊。奈良県出身、大阪府在住【好き】ブログ、読書、猫、散歩、カフェなど^^

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です