キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

【問題20】スーパー(重要度:S、難易度:易)

TADAJUKU
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
TADAJUKU
TADAJUKU

この記事の目次

問題

スーパーのキャリア・レインボーに関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

1.その期間や情緒的な関与の視点から、人が生まれてから死ぬまでの間のライフ・キャリアをどのように構成するのか視覚的に描写したものである。

2.ライフ・キャリア・レインボーでは、キャリアを役割と環境の2 次元で捉え、役割は「ライフ・スペース」、環境は「ライフ・ステージ」と呼ぶ。

3.ライフ・ステージは「成長」、「探索」、「確立」、「維持」、「解放」の5段階で構成されており、これがスーパーの「発達段階」になる。

4.ライフ・ステージの第三期:確立段階(25 歳から44 歳)では、キャリアの初期の段階で、特定の仕事に定着して責任を果たし、生産性をあげその仕事に従事し、職業的専門性が高まり昇進するとされている。

解答

×

解説

スーパーは、キンズバーグの発達理論、ビューラーの生活段階、ハビガーストの発達課題など、それまでの発達理論を整理したうえで、職業的発達段階と発達課題をまとめた。

ライフ・キャリア・レインボー理論では、キャリアの形成と発達は、職業上の指向や能力だけでなく、人生における役割から影響を受けるとした。役割は①子供、②学生、③余暇人(余暇を楽しむ人)、④市民(地域活動など地域への貢献の役割)、⑤労働者、⑥配偶者(妻・夫)、⑦家庭人(自分の家庭を維持管理する)、⑧親、⑨年金生活者、と9つあり覚えておきましょう。人生は、子供から歳を重ねてどういう役割になるか?を想像すると頭に入りやすいですね!

2の、ライフ・キャリア・レインボーでは、キャリアを役割と時間軸の2 次元で捉える。

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
TADAJUKU
TADAJUKU

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です