キャリアコンサルタント試験学科【標準、2級1級対応】

【問題48】育児・介護休暇制度(重要度:S、難易度:易)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あきこ
藤原あきこ
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

この記事の目次

問題

育児・介護休業法に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

1.介護休業とは、要介護状態(負傷、疾病又は身体上若しくは精神上の障害により、4週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態)にある対象家族を介護するためにする休業のことである。

2.対象となる家族の範囲は、配偶者(事実婚は含まない)、父母、子、配偶者の父母、祖父母、兄弟姉妹及び孫である。

3.対象となる家族一人につき、93日まで取得可能で分割取得はできない。

4.介護休業の取得が可能な有期契約労働者とは申出の時点において、①入社1年以上、②介護休業開始予定日から起算して93日を経過する日から6か月経過する日までに、労働契約期間が満了し、更新されないことが明らかでないこと。

解答

× × ×

解説

介護休業に関する出題で、どの問いも基本的な項目なので必ず正解したいですね。

設問以外のポイントは、手続きは休業開始予定日の2週間前までに書面にて事業主に申出ること、申出の撤回は休業開始の前日まで可能、取得可能な労働者は設問の4に加えて、日々雇用以外の労働者全般、また、労使協定において「入社1年未満」の労働者は対象外にできます。

1は、2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態。

2は、対象となる家族の範囲は、配偶者については事実婚を含みます柔軟な対応でいいですね。

3は、通算93日、3分割まで可能。

4は、少し日本語がややこしいですね。”労働契約期間が満了し、更新されないことが明らかでないこと。”とは、要は労働契約が継続される(であろう)ということですね。

キャリコン、技能士2級、産カラ試験対策
「傾聴の部屋&キャリコンで食べる方法」
無料ですべてご提供!

「傾聴の部屋」各種試験の面接(ロープレ)対策のヒント

絶対に押さえないといけない「傾聴力」。特別限定無料サイトにて、基本中の基本を徹底的にお伝えしています!必ず確認してくださいね。

「キャリコンで食べていく方法!」(無料メルマガ7通)

「傾聴の部屋」とは別に『対人支援のスペシャリスト』になるための本質やコツ、資格活用法について7通かけてヒントをお伝えしています!

その他お役立ち情報を無料メルマガで提供!

最新の労働市場、法律、統計、白書など不定期にお届けします!

この記事を書いている人 - WRITER -
藤原あきこ
藤原あきこ
国家資格キャリアコンサルタント。秘書検定準1級。企業の人事で人材育成を担当し、人の成長をサポートすることに大きな魅力を感じる。モットーは、MY造語”日々三転進化”(毎日ほんの1mmでもいいので成長していきたい)【好き】旅行、車の運転、花を愛でる、あとネコや犬など動物大好き!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です