【キャリアコンサルタント面接試験】服装、身だしなみはどうする?

キャリコンサルタント試験【実技】対策ヒント集

キャリアコンサルタント試験本番の服装をどうするか?

養成講座のなかでは、服装はどうすればいいのか説明があったかと思いますが、多田塾講座内でも「服装はどうすればいいのでしょうか?」という質問をよく受けます。

結論からいうと、服装は実技面接試験の評価項目にはありませんが、「非言語」に影響を与えます。

「非言語」の注意点については、こちらの記事をご確認くださいね。

神経質に考えるほどのことではありませんが、最低限守っておいてもらいたいことをお伝えさせてもらいますね。

スポンサーリンク

【キャリアコンサルタント試験面接試験】服装はどうする?

服装が、第一印象に影響を与えることは間違いありません。

「試験+相談業務」という状況を踏まえて、雰囲気にあわせるべきですね。

「試験+相談業務」ということを考えると、まずは試験官からみて「なんとなく嫌だな」と思われないこと。評価するのは、試験官です。嫌悪感もたれてしまうと損しちゃうので。

あと、クライエントさんが安心できるような雰囲気づくりが大事。

正直、クライエントさんがどんな服装だったら安心できるのか、なんてことはわかりません。好みもありますよね。

なので、「一般的」に安心感を与えるコーディネートを心がけることが大事です。

「試験官+クラインエント」の両者から、嫌悪感だけは持たれないようにすることが絶対条件ですね!

目立ってはいけない!

では、嫌悪感を持たれないようにはどうすればいいのか?

ズバリ、「目立たないように!」ということです。

目立つということは、良いも悪いも「特徴」があるということですよね。その「特徴」が試験官、クライエントさんの好みにあうのか。イヤだなと思われる可能性もあります。

「すごくいいな!」と思うときも、「すごくイヤだな!」と思うときも、そこには目に留まるような「特徴」があるからですよね。

とくになんの「特徴」もなければ、ほぼ何も感じないわけです。

だから、身だしなみも含めて、下記の点に注意して目立たないようにするのが一番ですね。

  1. 綺麗にしすぎない
  2. 香水をつけすぎない
  3. カッコよくしすぎない
  4. 髪型をバッチリしすぎない

1)綺麗にしすぎない

キャリコン試験は、女性受験者が多いので、まずはこれから。

気合入れて、綺麗にしすぎないでくださいね!

綺麗にすると、目立ちます。服装だけでなく化粧もバッチリ決める人がいます。あと、メガネもオシャレすぎるとか。

(もちろんアクセサリー類はNGです)
オシャレかどうかの判断も難しいのですが、基本は「よくある服装、うすい化粧、淡い色合いの組み合わせ」がいいですね。

2)香水をつけすぎない

たまに「香水」の匂いがキツイ人がいますよね。

これは、服装、化粧よりも良くありません。不快感を与える要因として「匂い」はかなり大きな影響を与えます。

試験の部屋は大きな部屋ではありませんので、すぐに充満しちゃいます。

それが原因で、不合格になるわけではないですが、面接マナーとして「香水」は基本不要。つけるにしても、ほんの少しだけにしましょう!

匂いに敏感な人も沢山います。試験官、クライエントさんに不快感を与えないかどうか、しっかりと考えて利用するようにしましょう。

3)カッコよくしすぎない

これは男性の方ですね。

男性は基本スーツの人が圧倒的に多いのですが、たまに高級スーツ、オーダーメイドスーツ、オリジナルカラーシャツ&ネクタイといった感じで、とてもお洒落でかっこいい人がいます。

ふつうに考えれば好印象なのですが、面接ロープレ試験ではオススメできませんね。

できれば、どこにでも売っているようなスーツ、シャツ、ネクタイで受験してもらうのが無難です。

あと、細かいですがオシャレな腕時計をされているかたは、あまり気づかれないようにしたいですね(細かい話ですが(笑))

4)髪型をバッチリしすぎない

最後に髪型。これは男女共通ですね。

髪型をバッチリ頑張って整えてきました!って感じ。

身だしなみとして、ボサボサ頭もダメですが、完璧に決めすぎているのも違和感を感じます。

以前、多田塾にもオールバックでがっつり固めている男性や、カールしまくりの女性が参加されていました。

カッコいいし、可愛いかったのですが、あくまで面接ロープレ試験と考えるとふさわしくないですね。

髪型が不安な方は、試験前に散髪屋さん、美容院さんに相談して、なるべくノーマルカットにしてもらうように頼んでくださいね

着慣れた服装で!

あと、本番は普段どおりに面接ロープレを実践してもらいたいですね。

着飾った自分だと、なんとなく違和感を感じてしまいます。素の自分で勝負してもらいたいですね。

とにかく普段どおり、慣れ親しんだ格好でいきましょう!

普段から「目立つ」格好をしてる方は、自分色をだせなくなってしまうので、調子が狂うかもしれません。本番前に、何度か「ふつうの格好」で出かける練習をしておきましょう!

■服装一例(あくまで参考)

男性:グレー系スーツ、白か淡いブルー系統のカッター、ネクタイなど

(夏はクールビズOK)

女性:グレー系スーツ、もしくはジャケット、白か淡いブルー、ピンク系統のブラウスなど

(パンツ、スカートどちらでもOK。ワンピースにカーディガンもOK)

基本、細かいことを書いてきましたが、ジャージとかよほど変わった服装でない限り大丈夫なので、神経質にならないでくださいね!

 

以上、【キャリアコンサルタント試験実技面接試験】服装、身だしなみはどうする?について解説してきました。ぜひ、参考にしてくださいね。

多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ!

多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、2つの有料会員コースをご用意しております。

  1. 学科集中コース(学科合格に必要なものをすべて提供)
  2. 研究施設コース(学科合格教材すべて+実技合格教材+対人支援プロ養成教材)

 多田塾有料会員の詳細はこちら >>

コメント

タイトルとURLをコピーしました