【非言語(態度)不利な人】キャリアコンサルタント実技面接ロープレ

キャリコンサルタント試験【実技】対策ヒント集

国家資格キャリアコンサルタント試験、技能士2級キャリコン、産業カウンセラー試験など、実技面接ロープレ試験において、あらためて非言語(態度)の重要性は言うまでもありません。

雰囲気が悪いとかなり損をします。

ただ、この非言語はその人らしさってところもあるので、修正しづらい部分もあります。

私はフィードバックにもかなり気を使っていますね。

これまで2000人以上の方を指導してきて、非言語で不利な人の特徴を説明していきますね。

スポンサーリンク

【非言語(態度)不利な人】キャリアコンサルタント実技面接ロープレ

まずは、面接ロープレ試験ってかなり変わった評価方法ということを理解すべき。

というのは、本来は関係構築がされてきたとか、普通会話を交わさなければ細かい感覚ってわからないはずですよね。

しかし、試験官とは一言も話をしない中で評価されていくのです。

試験官はあなたのことを見るだけです。

口頭試問で少し言葉を交わしますが、それは後のこと。

ロープレ段階では、どう見えているのか。

これが全てなので、何となく雰囲気はOKだなと思ってもらえるように注意をしましょう。

全員に好かれるのは無理

そもそも試験官だって人間です。

なので、客観性は保つけど好き嫌いがあって当然。これをゼロにすることはできません。

受験生がすべきことは、なるべく嫌悪感を与えないようにすることだけ。

あまり個性を出さずに「普通」を目指すことをオススメします!

普通というのは、10人中8人くらいの人には「嫌な人だな」って思われないこと。全員にいい印象を与えるのは無理なので。目立たないようにしましょう。

非言語(態度)で不利になってしまう人の特徴8個

まずは、非言語(態度)で不利になってしまう人の特徴を列挙します!

  1. 声が小さい、大きすぎる
  2. ジェスチャーが大きすぎる
  3. スピードが早い
  4. 相槌の種類が乏しい(サイレント含む)
  5. 頷きが早すぎる、大きすぎる
  6. 丁寧すぎる
  7. 姿勢が良すぎる
  8. 反応が鈍い

上記ポイントが何個も当てはまる人は、試験では不利になります。

では、1つひとつ補足していきますね。

1)声が小さい、大きすぎる

まずは、声の大きさ。

女性で声が細くて小さすぎる場合。どうしても自信なさそうに見えてしまいます。

逆に男性で声が太くて大きい場合。身体も大きいとなるとかなり威圧的になってしまいます。

両極端の場合は声の大きさを調整しましょう!

2)ジェスチャーが大きすぎる

一生懸命になりすぎると、ジェスチャーがつい大きくなってしまいます。

ジェスチャーは熱意が伝わるので、適度にあったほうがいいと思います。

ただ、胸の前あたりで大きく身振り手振りをするとせわしなくなってしまうので、注意をしましょう!

ジャスチャーは太ももの上あたりでほどほどに!

3)スピードが早い

スピードは大事です。

安心感を与えるためにはゆったりと話すようにしましょう。

スピードが早いというのは以下の2種類。

  • 1分間にしゃべる文字数量が多すぎる。いわゆる早口。
  • CLさんがしゃべり終わってすぐ、かぶせるように話し出す。マが取れていない。

とくに、「マ」を取れないと受容、共感力もうまれにくくなってしまいますのでご注意を。

1分間300文字程度。CLさんが話終わってから2,3秒は「マ」をあける!

4)相槌の種類が乏しい(サイレント含む)

相槌の種類が1種類しかないと、聴き方が単調になってしまいます。

「はい」「えー」「うん」「あー」「そうですね」「そうなんですね」「なるほど」

とか、できれば3種類ほど使いながら、相槌を打てるようにしましょう。

あと、「うーーーーーん」「あーーーーーー」とかロングトーンの相槌もうまく取り入れると効果的です。

声を出さないとリズムを出すのが難しいので、サイレントはやめましょう。
それでもリズム感が生まれない場合は、CLの発言の中のキーワードを小さい声で拾いましょう。「あっ、東京ですか・・・(小さい声でキーワードを返す)」「残業がね・・・」とか。ロングで拾ってしまうと、CLの話を取ってしまうことになるので、あくまで短いキーワードを中心に。

5)頷きが早すぎる、大きすぎる

「うん、うん」と首を上下に振りながら、聴いていますよというサインを送ることと、相談者が話しやすいようにリズムを作ってあげるという効果があります。

この頷きがすっごい早い人(高速頷き)や、大袈裟に大きく頷く人がいます。

これだと、どことなく演技してるように見えてしまって信用してもらえないので、頷きはほどほどにしましょう。

自然な頷きの角度、首の傾け加減も研究してみてくださいね!

6)丁寧すぎる

言葉遣いがとても綺麗な人がいます。

丁寧で綺麗なのはいいのですが、あまりにも丁寧すぎるとCLさんがリラックスできなくなるんですよね。

自分もちゃんとした言葉で話さなければいけないと、プレッシャーになってしまうこともあります。

ある程度は崩した言葉で話をするようにしましょう!

7)姿勢が良すぎる

これも先ほどと似ているのですが、あまりにも姿勢が良すぎる。

マナー研修講師、キャビアアテンダント、受付、秘書など、仕事上で徹底的にきっちりとした立ち振舞いを叩き込まれていると、傾聴スタンスもどことなく硬い感じになります。

少し崩すようにやってみてくださいね。

背筋をピンと伸ばしすぎている人は、ちょっとチカラを抜いてみましょう!

8)反応が鈍い

CLが楽しいそうに話をしている。明るい表情でやりがいを話してくれているのに、CCの顔がにこやかになっていない。

逆に急に重い話になったのに、CCの表情は何も変わらない。

ちょっと反応が鈍いんですよね。

こうなると空気感が微妙にズレてしまって信頼関係が構築しにくくなります。

CLの表情にある程度合わせられるように!

 

以上、キャリアコンサルタント実技面接ロープレで【非言語(態度)不利な人】の特徴について解説してみました。ぜひ、参考にしてくださいね!

多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ!

多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、2つの有料会員コースをご用意しております。

  1. 学科集中コース(学科合格に必要なものをすべて提供)
  2. 研究施設コース(学科合格教材すべて+実技合格教材+対人支援プロ養成教材)

 多田塾有料会員の詳細はこちら >>

コメント

タイトルとURLをコピーしました