【自己理解と仕事理解の境目】キャリアコンサルタント試験【実技対策質問】

キャリコンサルタント試験【実技】対策ヒント集

キャリアコンサルタント試験では、キャリアコンサルタントからみたクライエントの問題点の把握が重要視されます。

CC視点からCLの問題点指摘をするときのど定番な考え方として下記2つは外せません。

自己理解不足がある

仕事理解不足がある

では、両者は明確に分けることができるのでしょうか。

結論から言うと、この場合は「自己理解不足」、この場合は「仕事理解不足」と明確に分けられない場合も多いということです。

このあたりについてもう少し私の考えを書いておきます。

スポンサーリンク

【キャリアコンサルタント試験実技対策質問】自己理解と仕事理解の境目はあるのか?

受講生からこんな質問をもらいました。

【質問】今更こんな質問するのは恥ずかしいのですが、密接に関連している自己理解と仕事理解の境界があやふやで、論述とRPをやっていると時々、こっちでよかったかな?と疑問に思うことがあります。養成講座のテキストを見直しましたが、木村先生の本から引用で、私の疑問の解決にはなりませんでした。どう考えればよいのでしょうか?
定義とか覚える必要はありませんが、一応簡単に確認しておきましょう。

自己理解とは

自分自身のあるがままを知る行為のこと。

自分を分析して自分の特徴を描写し、さらに全体として統合。自分のことを明確に言葉として説明できること。環境のなかにおける自己も含まれる。

自分の能力、適性、価値観、興味などの把握。置かれた環境のなかで自分が求められることなども。

仕事(職業)理解とは?

職業、産業、雇用、経済、社会状況を理解すること。

もう少し具体的には、仕事の責任と内容、昇進、雇用条件、見通し、経験、教育の機会、関連職業など理解しているか。

どんな職業があって、どんな能力が必要で、どんな特徴があるのかなど。

ここまでは、受講生の方もテキストや書籍で調べてわかっておられるとのこと。

個々の事例において、この発言や行動からすれば、自己理解不足になるのか。それとも仕事理解不足と答えるべきなのかがわからないということだと思います。

私の考えを書いておきますね。

多田の考えは?どうすればいいのか?

たとえば、こんな事例を考えてみましょう。

【2級21回参考】派遣社員としてバリバリ仕事をこなしていたら、同じ派遣社員の方から「そんなに一生懸命されると私達も同じくらいこなさないといけなくなるから、もうちょっと手を抜いてね」と言われた。せっかく正社員の方に喜んでもらえているのに。私は仕事が早いし先回りもできるので、派遣だからといって手を抜いて仕事をするのはどうかと思う。そんなことなら、正社員と働いたほうがいいのかな。でも、まだ子供も小さいし。

この場合、自己理解不足はどの箇所。仕事理解不足とどう切り分ければいいのか。

たとえば、こんな風に切り分けることもできますね。

【自己理解不足】

自身がどんな風に貢献したいのか、同僚の一言から大切にしたいことがわからなくなってしまっており自己理解不足。

【仕事理解不足】

派遣社員として自分の役割がわからなくなっていたり、同僚と人間関係が上手くいっておらず仕事理解不足。

ただし、上記は一例に過ぎません。

こんな解答も。

【自己理解不足】

率先して仕事をすることで同僚からは気に入られていないし、手を抜けって言われているとの思い込みがあり自己理解不足。

【仕事理解不足】

仕事は早い方で暇なのは嫌だし、先回りしてやりすぎる傾向があり、仕事理解不足。

実際、後者は2級論述で合格点の答案です。

切り分けが難しい場合

個人的には、自己理解、仕事理解の境目が難しくて切り分けが難しい場合も多々あるかなと。

その場合は、無理に分けようとはぜすに「自己理解・仕事理解不足」と答えておけばいいですね。

なぜかというと、定義でも見たように自己理解とは、環境のなかにおける自己も含まれるので、どうしても仕事と絡んできてしまいます。

なので、分けるのが難しい場合は無理やり分けようとしなくて構いません!

「自己理解不足」と答えるのはナンセンス

ここからは私の勝手な意見。

そもそも相談にきているわけで、何かしら悩みを抱えています。仮に相談者でなかったとしても、悩みがない人なんていませんよね。

となれば、100%自己理解が出来ている人なんていない。

もちろん、悩みがあること=自己理解不足ではありません。悩みがあっても、しっかりと自己理解は出来ている人もいます。

ただ、それはかなりの例外。

何が言いたいのかというと、試験として「自己理解不足」がある。自己理解の支援が必要なんていうのは、当然の当然の大前提でそんなこと解答しなくて良いって思うのです。

とはいえ、これは試験なので、当たり前のこともきっちり書くこと。

絶対に試験ではちゃんと書いてくださいね!

 

以上、キャリアコンサルタント試験受験生からの質問、自己理解と仕事理解の境目は?ということについて説明してきました。参考にしてもらえれば。

多田塾有料会員 最高峰の教材コンテンツ!

多田塾では出来る範囲で有用な情報を無料提供させて頂いておりますが、さらに「効果的かつ効率的」に勉強を進めていきたい方。「絶対に一発合格したい方」「合格後も資格を有効活用していきたい方」を対象に、2つの有料会員コースをご用意しております。

  1. 学科集中コース(学科合格に必要なものをすべて提供)
  2. 研究施設コース(学科合格教材すべて+実技合格教材+対人支援プロ養成教材)

 多田塾有料会員の詳細はこちら >>

コメント

タイトルとURLをコピーしました