年収を上げるための方法をプロが教えます!年収アップを目指す方法

心理学、成功哲学

現状の年収が低い。この記事をお読みの方はきっと「こんなお給料じゃやっていけない!もっとお金を稼ぎたい」と思っていますよね。

私は今でこそキャリアコンサルタントとして独立して、そこそこ報酬を頂くことはできていますが、もともと働いていた会社はお給料が低かったのです。

自分で言うのもあれですが割と周りからの評価も高く、お客様からの満足度アンケートでもいつも上位でした。

それでもお給料が上がらなかった理由は色々あるのですが、私自身年収を上げるための方法をちゃんと知らなかったことや年収アップのための必要な行動を取ってこなかったことが原因だと思います。

年収をあげるためには、戦略と積極的行動が必須です。

そこで、キャリア形成のプロとして「年収を上げるための方法」を徹底的に解説していきますね!

焦らずにゆっくりと読み進めてください。

スポンサーリンク

年収を上げるための方法【能力開発】

やっぱり一番大切なことなので先に伝えておきますね。

年収を上げるためには、どうしても中長期的に「自分の価値」を高めていく必要があります。

これはビジネスの世界では避けては通れないこと。

ちなみにアタマの良し悪し(偏差値)は関係ありませんのでご安心くださいね。私はいわゆる三流大学の出身で勉強に対する偏差値レベルは低いです(笑)

ただ、ビジネス能力を上げるために自分なりに出来ることをその都度頑張ってきたことが、年収アップに繋がっています。

では、「自分の価値(能力開発)」を高めるために何をすればいいのかアドバイスさせてもらいますね。

  1. 本をたくさん読む
  2. 資格を取得する
  3. 外部の勉強会に参加する

効果が出やすい能力開発①読書

まず手軽に出来て、じわじわとボディーブローのように効いてくるのが「読書」でしょう。

1年に50冊以上本を読む人は、5%程度以下だとも言われています。

まずは本を読むことに慣れていきましょう。

大きな文字、文章が読みやすい本からチャレンジしていくことをおススメします!

「月に10冊読んでいこう!」とか大きな目標を立てすぎないことが続けるポイント。本が苦手な方は「月1冊」くらいでも構いません。

まずは、お金もあまりかけずにやってみましょう。

  • 図書館で借りる
  • ブックオフ、アマゾンなどを利用して中古本を購入する
  • 友達、同僚などから借りる

読み始めたけど、面白くない本、読みにくい本は、途中で読むのを辞めることがコツです!さっさと次の本に移ってくださいね。

効果が出やすい能力開発②資格

読書は気軽に自分のペースで出来るのでおススメですが、デメリットとして締切もないし自分に甘えが生じて読書をしなくなってしまう恐れがあります。

また、目に見えるカタチとしてわかりづらいため達成感に欠けるます。

その点、資格取得は「試験日が決まっている」+「資格取得としてカタチに残る」というメリットがあるんですね。

目標が明確なので自身の能力開発としては継続しやすいです!

何の資格が「年収アップ」に繋がりやすいか?

ここは何が一番稼げる資格かという観点よりも、以下の点を考慮して資格を選んでみてください。

  • ご自身がどれくらい勉強が得意か?
  • どれくらい勉強に時間をかけられるのか?

勉強が得意で勉強に時間をかけられるのであれば、1年に1回しかないような難易度の高い大型資格にチャレンジしてもいいでしょう。

社会保険労務士、行政書士、簿記1級、会計士、税理士、中小企業診断士、宅建、ファイナンシャルプランナー(CFP)など

逆に、勉強があまり得意ではなく、あんまり勉強に時間をかけられないのであれば、あまり大型資格へのチャレンジはおススメしません。

それは、結局合格できないリスクやその後本当に年収アップに繋がるように有効活用できない恐れもあるので、それだったら細かく難易度の低い資格を積み上げる方がいいですね。

カラーコーディネート、色彩検定、メンタルヘルスマネジメント、医療事務、簿記3級、アロマテラピー、薬膳コーディネーター、整理収納アドバイザーなど

ここで年収アップに繋げるために1つ大きなポイントがあります!

なるべく「関連する資格ばかり」を狙って勉強を進めてください!

例えば、健康に興味がある場合は「医療事務+メンタルヘルスマネジメント」を勉強したり、カラーに興味があるのであれば「カラーコーディネート+色彩検定」といった具合です。そうすることで、自分の強みをアピールしやすくなりますので!

効果が出やすい能力開発③外部の勉強会

①②で紹介した「読書」「資格取得」は黙々と自分ひとりで頑張るイメージが強いですね。自己管理能力も必須です。

そういった自己管理が苦手な方は、外部で開催されている「勉強会」をうまく活用しましょう!

都心部であれば、毎日いろいろなジャンルで「勉強会」が開催されています。

都心部でない方も今は「ネットを使った勉強会」が盛んに行われていますので、簡単に有用なセミナーや勉強会に参加することができます。

まずは、参加費5000円以内のものから選んでみるといいでしょう。

基本、無料講座はオススメしません。やはりホンモノの情報やスキルはお金を支払わないと手に入れることができませんので。ここは自己投資もしっかりとやってくださいね!

年収を上げるための方法【今の会社内で年収アップを考える】

方法としては、3つくらいでしょうか。

  1. 出世、昇進をめざす
  2. 残業手当を増やす
  3. 結果を出し続ける

1)出世、昇進

今の会社内で年収をあげるためには、やはり出世、昇進するしかありません。

と言っても、出世、昇進したからといって微々たる年収アップなのかもしれませんし、管理職になると忙しくなるだけで割にあわないと考える人も多いのではないでしょうか。

実は私も管理職は敬遠してました。

たとえば、管理職になると基本給が3万円アップ、ボーナスにも反映されるとして年収が約50万円アップするとしましょう。

これは嬉しいことなのですが、一方で役員、部長クラスから業績についてガミガミ言われる。毎日のように3時間、4時間の残業が当たり前といった生活になるのであれば、年収アップのためだけに出世、昇進を狙っていくのはイヤですよね。

ここをどう考えるのか。

もし、私と同じで魅力を感じないのであれば「出世、昇進」ルートから外れた方法で年収アップの方法を考えていきましょう!

2)残業手当で年収を増やす

「出世、昇進」ルートから外れるのであれば、残業をたくさんして残業代でお給料を増やすこともありですね。

管理職になると残業代が出ないのに残業しなければいけないのに対し、平社員の場合は残業代が支払われるケースも多くあります。

ただ、これも会社によっては残業代を払ってくれないブラック企業もあるのでその場合は残業は絶対にしないでさっさと帰るようにしましょう。

残業代が出る場合でも、ずっと残業代で安月給をカバーするのは中長期的キャリアを考えると個人的には賛成はしません。

残業代で年収アップを考える場合は、あくまでも短期戦略をおススメします。その稼いだお金を自分の価値を高めるために使っていきましょう!

3)結果を出し続ける

年収を上げるためには、圧倒的な結果を出し続けることが必要です。

仮に「出世、昇進」しなくても、経営者に引き止められるくらいの結果を出し続ければ、特別ボーナスとして反映してくれる可能性が高まります。

会社は優秀な人材を手放したくありません。

もちろん、特別ボーナスをもらうことは簡単なことではなく、しっかりとした交渉テクニックも必要でしょう。

中途半端な結果ではなく、アタマ1つふたつ抜け出せるくらいの成果を出して上手にアピールしてくださいね!

年収を上げるための方法【副業を考えてみる】

上記で【会社内で年収アップを考える方法】を述べましたが、正直あまり納得できなかったのではないでしょうか。

そうですよね。私の勤めていた会社も残業は基本ダメ(残業しても基本支払われない)、特別ボーナスもまず考えにくい体制だったので、その気持ちはよくわかります。

ということになれば、最初から【今の会社で年収をあげる方法】は考える意味はありません。

まず考えなければいけないのは「副業」です!

時代の流れとと共に「副業OK」の会社もどんどん増えてきました。

さっさと「副業」をスタートすべきです。

私の働いていた会社は「副業」に関する規定があるようでなかったのです。

なので、定時になったらすぐに帰るようにして「副業」で稼げるように動くことが大事です。

「副業」で稼ぐ方法については、こちらの記事でご確認くださいね。

年収を上げるための方法【転職を考えてみる】

「副業」をすることはおススメなのですが、そもそも今の会社が副業を禁止している。もしくは「残業をするなと言われてもそれが現実的に難しい」場合もありますよね。

この場合は早く「副業OK」の会社に転職してください!

「副業」をするつもりがない場合も、年収を上げたい場合には早く手を打てるところから行動してくださいね。

そもそも、今の会社の体制や年収に不満を持っている。どうしようもない状況になっている。この場合は、今の会社に居続けると年収があがる可能性はありません。

確かに、転職をすることはリスクも伴います。

しかし、現状のまま何も手を打たずにいると絶対に何も変わりません。

世の中には名前はあまり知られていないけど、儲かっている会社、これから伸びていく将来性のある会社は山ほどあります。

「不景気だからどこの会社でも同じだろう」って思い込みは捨てましょう。

とにかく狭い世界で生きていると、おいしい情報を掴み損ねてチャンスを逃してしまうことになります。

転職情報を集めてみる

まずできることからやりましょう!

絶対にまずするべきことは、誰しもが知る転職会社最大手「リクナビNEXT」に登録することですね。

登録自体も簡単ですし、転職市場の現状、会社情報、転職にあたっての注意点など、とにかく情報に触れること!

求人エリアも全国対象ですし、毎週2回更新される新着、更新の求人数は1000件以上というマンモス転職サイトなので、絶対に登録して損はありませんし、リスクも何もありません。

キャリアアドバイザーのサポートも受けてみる

私は国家資格キャリアコンサルタントとして、実際にキャリアのことで悩む相談者の「興味、適性、強み分析」「自己PR整理」「面接アピール対策」など含めてキャリア全般の相談に乗っています。

今後の自分の働き方、キャリアデザインについて自分ひとりで悩んでいると、どうしても迷路に入ってしまいます。

そういう時に、ぜひ活用してもらいたいのが「転職エージェント」ですね。

要は「キャリアアドバイザー」や「キャリアカウンセラー」と呼ばれるプロの相談員が、色々な角度からキャリアの相談に乗ってくれるのです。

しかもなんと無料で!!!

これはすごいとしか言いようがありません。

正直、私は個人でキャリア相談を受ける時は最低でも1万円/1時間は頂戴します。単発のスポット相談になると1時間あたり3万円という金額設定です。

いわゆる大手の「リクルートエージェント」や「DODA転職支援」などは、別のところで収入が入るシステムになっているので転職活動をされる人には無償で相談に乗れるのです。

相談に乗ってもらったからといって必ず転職しなければいけない、とかそういった心配は不要です。

ただし、エージェントは営業ありきの部分は否めませんので、最後は自分の判断でしっかりと動くことだけは肝に銘じていきましょう!すべては自分のタイミング、自分の条件に見合う会社が見つかった時に行動すればいいのです。

年収を上げるための方法【独立を考えてみる】

最後に「独立」ですね。ここでは、独立起業=フリーランス=個人事業主としておきます。

もちろん独立して成功すれば上限はありません。

ただし、その反面まったく稼ぐことができないというリスクもあります。

今の時代、独立するにあたり昔より敷居は低くなりましたので挑戦してもいいかと思いますが、1回も自分のチカラだけで稼いだ経験がないのに、いきなりチャレンジするのは個人的にはあまりおススメできません。

やはり、会社勤めをやりながらいったん副業でお金を稼ぐ経験をしてもらいたいですね。

独立は向き、不向きがあります。

サラリーマンとして組織で働くことが向いている人もいますので、その場合は「転職」でキャリアチェンジを考えていきましょう。

転職がうまくいかない場合や、転職してみたけどやっぱり新しい会社も居心地が悪い場合に、最後の手段として独立を検討しても遅くありません。

 

以上、年収を上げるための方法をプロが教えます!年収アップを目指す方法について解説してきました。ぜひ、参考にしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました