【資格取得は無意味?】無駄に終わる人と活用できる人の違いは?

独立、起業、フリーランス

大手資格専門学校会計士講師として約16年。キャリアコンサルタント講師として約7年。

資格業界にどっぷりつかって資格のメリット、デメリットも感じていますが、一番お伝えしておきたいことは、合否だけに重きを置くのは良くないということです。

資格を取得しても無駄に終わる人もいます。合格後にしっかりと活用出来る人は最初から活用法を考えています。

何か役に立ちそうかなという考えで取得しても、やっぱり有効活用できません。

資格取得が無駄に終わってしまう人と、有効活用できる人の違いをもう少し深掘りしてみます。

スポンサーリンク

資格取得は無意味なのか?無駄に終わる人と活用できる人の違い

まずは、資格取得が無意味なんてことはありません。資格がないと仕事に就けない場合もありますし。

ただ、独占業務がない資格の場合や、独占業務があったとしても合格したからといって仕事が舞い込んでくるわけではありません。

まずは、資格取得が無駄に終わる人の特徴を見ていきましょう。

(基本的に私は『資格取得肯定派』です。そういう前提で読んでもらえれば)

資格取得が無駄に終わる人の3つの特徴

  1. 資格取得すればどうにかなると思っている
  2. 足りないところを補おうとする 
  3. アピールすることができない

1)資格取得すればどうにかなると思っている

これはそもそも論の話ですね。

資格の価値について誤解しています。とある年収調査で、資格保有者と年収の関係性を調べても、ほとんど優位性はないとわかっています。

つまりは、資格取得しても仕事で優位になるということはないのです。

まずはその現実をしっかりと理解したうえで、資格取得を目指すべきですね。

資格を取ればどうにかなるかも。自分が思い描いている仕事をやっていけるかも。という安易な考えは捨てましょう!

2)足りないところを補おうとする

これは資格武装をしてしまうタイプですね。

今の自分では勝負できない。資格武装することで、ようやく社会から一定の評価をもらえる。

履歴書に資格を書くことでアピールできると考えたり。

つまりは、自分に自信がないんですよね。

このタイプが一番注意ですね。

資格って次から次に上の資格や関連上位資格があります。

ようやく合格できたとしても現実そんなに変わらない。この資格ではダメなんだ。上位資格を取ろうかな。

こっちの大型資格と組み合わせをすれば強みになるかも。

こんな感じで次から次に資格取得を目指す、いつのまにか資格依存になってしまいます。

こうなると、いつまでたっても有効活用できなくなってしまいます。

まだまだ足りない思考になってはいけない!安易に資格武装をしないように!

3)アピールすることができない

これも2)と似ているのですが、せっかく苦労して取った資格をアピールすることができない。

たとえば、キャリコンサルタント資格を取ったとしても、人事とか関係ない部署で働いている場合、それを周りにさりげなくアピールしていかないと知ってもらえないんですよね。

  • キャリアコンサルタントは何ができるのか。
  • どんな勉強をしてきたのか。
  • どういうスキル、知識が要求されるのか。
  • どういう場面(部署)で活用できるのか。
  • 自分は何をやっていきたいのか。

すぐに効果が出るわけではありません。

何度も何度もさりげなくアピールしていくことで、ようやく細い線で繋がっていきます。

周りにアピールして自分の能力、スキルを理解してもらうためには時間がかかることを忘れずに!

資格を有効活用できる人の3つの特徴

  1. 自分の経験と強みを融合させることができる 
  2. すでに有効活用出来ている人をモデリングして行動できる
  3. 貢献できる場所を探してチャレンジできる

1)自分の経験と強みを融合させることができる

資格を有効活用できる人は、自分の経験、強みをしっかりと理解しています。

その自分の経験、強みをさらに活かすためには、資格があったほうがいいかなとイメージを持っています。

プラス補強する感じですね。

足りないところを補う補強ではありません。すでに持っている自分財産をより強固にするための補強です。

資格はなくても十分戦えると思ってはいますが、もう一歩、二歩自分のやりたいことを実現していくためには、資格があるとスピードが加速できるという判断ですね。

こういう思考で資格を取得された方は、あっという間にかけた時間とお金を回収できます!

2)すでに有効活用出来ている人をモデリングして行動できる

創設初期の資格以外は、すでに資格を取得して活躍している人がいるはずです。

仮に合格段階でまだ活用法があまりイメージできていない場合でも、そのあと活躍できる人は、自分がイメージしている理想の働き方、資格活用ができている人をモデリングしながら、自分らしさを加味して行動をされています。

自分ができない理由に目を向けることはしません。

現実的に、もし取得した資格がそんなに活躍できる場所がなかったとしても、そういったマイナスの側面にフォーカスすることはしません。

活躍している人を見つけましょう!その人の考え方、行動をマネしながら行動すること!

3)貢献できる場所を探してチャレンジできる

なんのために資格を取得したのか。

この資格を使って、こういうことをしてみたい。こんな悩みを抱えている人のお役に立ちたいって想いは少なからず誰でも持っているはずです。

有効活用出来る人は、それを実現できる場所を愚直に探し続けます。

もし、なかなかそれを実現する場所がない場合は少し幅を広げて活用することができないか知恵を絞り出そうとします。

もしくは、自分で新しい分野を開拓するためにチャレンジを続けます。

貢献できる場所を限定しすぎないこと!知恵を絞って開拓を続ける!

資格は活用してなんぼ!

資格取得は時間もお金もかかります。

そもそも目標に向かって努力を続けている時間は、すごく価値のあるものです。

私はプロセスを重視するタイプなので、合格までのプロセスにも重きを置いています。なので、合格不合格、さらに資格活用できるできないという議論よりも、勉強を頑張っていることだけでも素晴らしいことだと。

それでもなんですよね。

せっかく資格取得ができたのなら、それを有効活用してもらいたいと思っています。

あなたが有効に資格活用できることによって、誰かしらのお役に立てることができるからです。

あなたにはそれだけの専門的知識があることは証明されているのです。

資格武装に走らないように頑張ってもらえればと思います!

 

以上、【資格取得は無意味?】無駄に終わる人と活用できる人の違いについて私の考えを深掘りしてみました。ぜひ、参考にしてもらえれば嬉しいです。

【完全無料】傾聴の部屋 傾聴の基本をテキストと動画で完全解説

【有料会員】Shien.Lab 試験対策から資格活用法までワンストップ提供

コメント

タイトルとURLをコピーしました